日本学生支援機構が奨学金アドバイザー養成へ

シェアする

高校生の大学進学をサポートする奨学金の仕組みが複雑化しています。そんな中、日本学生支援機構は、高校生が大学進学に当たって奨学金を含めた資金計画のアドバイスを行う、スカラシップ・アドバイザーの養成プログラムの受講者募集を開始しました。

日本学生支援機構のスカラシップ・アドバイザーとは?

スカラシップ・アドバイザーとは、大学に進学する高校生達に、奨学金を含めた資金計画へのアドバイスを行う専門の講師のことです。スカラシップ・アドバイザーになれるのは、FPなどの金融面の知見を持つ人材でプログラム受講後、試験に合格してアドバイザーに認定されます。

スカラシップ・アドバイザーの活躍の場は、高校が開く大学進学説明会の講師などが想定されており全国に派遣されます。複雑化する奨学金制度に理解を持ってもらおうと、日本学生支援機構が本格的にスカラシップ・アドバイザーの養成、認定を始めることになりました。

スポンサーリンク

返済不要の奨学金「給付型奨学金」とは?低所得者層支援を拡充

文部科学省が、給付型奨学金について、低所得者層の学生を対象に月額2万円から4万円を給付することに決定しました。給付型奨学金は返済義務がない奨学金で、制度実施後に効果を検証あい、必要に応じて給付額が適正かどうかも含め見直しも検討していくことになっています。

参考返済不要の奨学金「給付型奨学金」とは?低所得者層支援を拡充

大学受験・進学で利用できる奨学金制度まとめ

今回は、大学受験・進学で利用できる奨学金制度についてまとめています。奨学金も案外知られていないことも多いようなので、奨学金を利用しようと考えている人にとっての一助になればと思います。昨今、日本に通う大学生の半数以上(50%以上)の利用している奨学金です。うまく活用しないと、社会に出た時にそれは借金となり、ゆとりある生活に支障ができる可能性があります。

参考大学受験・進学で利用できる奨学金制度まとめ

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク