【大学受験】塾や予備校に通っても成績が上がらない人の特徴

スポンサーリンク

今回は、「塾や予備校に通っても成績が上がらない人の特徴」についてまとめてみたいと思います。同じく通っているあの子は、成績がグングン上がって、自分はなかなか成績が上がらない。同じことをやっているのに、なぜ?という焦りが出てきて、精神的にも悪循環。いったいなぜ、塾や予備校に通っても成績が上がらないのでしょう。

塾や予備校に通っても成績が上がらない人の特徴

周りと同じ勉強をしても同じように成績が上がるとは限らないということです。あの子は成績が上がって、あなたが成績が上がらないのは、大きく2つの理由が想定されます。

  • あの子は、たまたま今の塾や予備校のスタイルにはまった。
  • あの子は、塾や予備校以外に、自分に合った勉強をしている。

の2つです。

スポンサーリンク

たまたま今の塾や予備校のスタイルにはまった

これは運ですね。周りが、塾や予備校に行っていて、不安だから自分でも塾や予備校に通うようになった。そして、あの子は、その指導やカリキュラムが合い成績が上がった。

なぜ、あなたは、今の塾や予備校に通っているのですか?

  • 周りが通っているからですか?
  • 学校や家から近いからですか?
  • 不安だからですか?

こういう理由は、一番危険であり、いけない理由です。成績は上がるのは、たまたまのときでしかありえません。

まとめ

塾や予備校に通う明確な理由と目標があり、すでに自分に合った勉強スタイルがある人が、塾や予備校に通ったら成績が上がる可能性が高まります。ただなんとくなくや周りが通っているからでは、たまたまでしか、塾や予備校に通っても成績は上がりません。

今一度、自分の勉強スタイルを確立することから始めてみてはどうでしょう。

あわせて読みたい

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク