説得力ある合格できる小論文の書き方

スポンサーリンク

最近の大学入試では、小論文を課せられる大学が増えてきました。それは、AO入試や推薦入試制度をとり入れる大学、学部が増えたことが要因です。そこで今回は、説得力ある小論文で合格する!とういうことを命題にして、記述していきたいと思います。

説得力ある合格できる小論文

構成と言いたいことはシンプルに書くということを守ることが最大のポイントとなります。構成は、主張、根拠、結論の3点は外せません。その上で、説得力さらにゆるぎないものにするために、反対側の立場に立ったり、例示を示したりすることで、肉付けをしていくことになります。

主張

根拠

結論

この流れです。

スポンサーリンク

主張

意見・主張は、できるだけシンプルな自分の主張を述べてください。くだくだ回りくどいのはいけません。主張は、一番最初。つまり、第一段落の出だしです。「~だから、~です。」ではなく、「~だ。~だからだ。」という具合です。もっとも大事な部分です。

根拠

主張の根拠を示します。第2段落ということになります。普通は、論地展開と言われ、反対側の立場(一般論)、例示を示します。自分の意見とは反対の立場なのですからこの部分は不要なのではないかと思われがちですが、この部分もとても重要です。これは、自分の主張ばかりを展開するのではなく、反対論も理解した上でそれでもなお 上でそれでもなお自分の意見の方が正当だということを客観的に証明していく方が説得力のある論理的な文章になるためです。物事の2つの側面を理解し、論理的に考察した上で自分の意見を主張するということは試験官への大きなアピールになりますし、さらに、反対論を記述することで自分の意見が相対的に一層正当に見えるということにもなります。したがって、この反対論の記述はとても重要だといえます。

また例示や具体例、経験談を交えるとよりオリジナルな文章となります。

結論

以上の根拠、論理展開ををふまえた上で愛護に、自分の主張を記述します。

まとめ

細かい日本語も重要ですがそれよりも論理展開の考え方の方がはるかに重要です。そのうえで、日本語の使い方、一般教養など知識を増やしていけばさらに論述もスムーズになっていきます。

あわせて読みたい

スポンサーリンク
他に知りたいことを検索!

フォローする