【大学入試面接】志望動機を極める!失敗例と志望動機の固め方

大学入試の面接で一番重要な質問が「志望動機」です。「あなたはなぜ大学に行くのか?」という質問に、熱意をもって答えることができるように、自分オリジナルの志望動機を一緒に考えていきましょう。

なぜ「志望動機」が聞かれるの?

AO入試、推薦入試、一般入試でも面接が実施される場合は必ず聞かれるのが「志望動機」。なぜ、面接官は志望動機を聞くのでしょうか。答えは簡単で、志望動機を受験生本人から聞くことによって、その生徒の本気度がわかるからです。

「何としてでもこの大学に行きたいんだ!」と強い意志を持っている受験生は、自分オリジナルの志望動機を持っており、本音で志望動機を自信をもって答えることができるのです。面接官はそこを見たいので、面接の際には「志望動機」を聞くようにしているのです。

何となく「この大学でいいや」などと考えている受験生は、面接官の質問の回答にその姿が見え隠れします。矛盾や論理の飛躍、知識の浅はかさなどなど、突っ込みどころ満載の面接になってしまうのです。

スポンサーリンク

志望動機で応えるべき2つの内容

志望動機を聞かれた際には、回答の中に次の内容を盛り込むようにしましょう。

  • なぜこの学部・学科・コースなのか?
  • なぜこの大学なのか?

数ある学部や学科の中でも、なぜこの学部・学科・コースなのか。全国の大学の中でもなぜうちの大学を志望するのかを本音で素直に答えられるようにしておきましょう。

志望動機の失敗例

志望動機を考える前に、まずは失敗例を考えていきましょう。次のような考えは大学入試の面接では通用しません。自分の志望動機も、同じような過ちを犯していないか注意して見ていってください。

「就職に有利だから」

面接官なぜこの大学に入りたいのですか?

ダメ男君非常に就職率が高く、就職に有利な資格の取得にも手厚いサポートがあるからです。

大学は就職の予備校ではありません。大学は学問の場ですので、就職への意識が強すぎると「何のために大学に行くの?」と問われてしまいます。

教員免許を取得するため、簿記の資格を取得するためなどの志望動機も面接官には通用しません。大学で何かを探求したいことは無いのか。子どもたちの為に教育について真剣に学びたくないのか。資格を取りたいのなら資格試験の予備校に行けばいいのではないか。などの反論が待っていますよ。

「やりたいことは学びながら探す」

面接官大学に入学後何を学びたいですか?

ダメ男君まだ、方向性が決まっていませんので、実際に大学に入学後にどの分野に力を入れるか決めたいと思います。

大学に入学後、学びの方向性を考えるという回答は避けるべきです。面接官に主体性がないのか?と疑われてしまいます。特にAO入試や推薦入試では、何を学ぶのかは明らかにしておくことが前提の入試です。それを決めていないままで面接に臨むのは厳禁です。

確かに高校生の段階で、将来どの道に進みたいのか、何の学問を究めたいのかをはっきりと決めることは難しいでしょうが、大学進学の時点で、学部・学科・コースを選ぶ以上、大学で学びたいことやりたいことは明確にしておくべきでしょう。

「具体性がない志望動機」

面接官大学に入学後何を学びたいのですか?

ダメ男君経済学部で市場の問題点を見つけ、それを解決できるように学んでいきたいです。

市場の問題って何?面接官はその学部や学科のプロです。曖昧な具体性のない回答には突っ込みたくなるところ。次から次に質問され、穴だらけになる姿が目に浮かびます。また、パンフレットに書いてあるような内容をそのまま面接で答えても、中身がないので面接官にはばれてしまいます。

言葉に重みのない回答や、意味も分からず使ってしまう用語などに振り回されないように、自分自身のオリジナルの志望動機を持っておきましょう。

志望動機の組み立て方

志望動機を考えるうえで、次の手順を踏めば自分自身のオリジナルの志望動機をつくることができます。

  1. これまでの自分の経験から問題や課題を見つける
  2. その問題や課題を大学で学ぶことで解決したいことを示す
  3. その上でなぜこの大学ではないといけないのか示す

志望動機を考えるにあたって、今までの自分の過去を振り返ってみてください。様々な人に支えられ、色んな経験をし、大きな壁にもぶつかってきたことでしょう。その経験の中から生まれた言葉は非常に重みもあり、自分の体験を通して出てきた言葉なので信ぴょう性があります。

この過去の体験で感じた疑問や好奇心などを突き詰めていけば、また新たな疑問が発生します。そこに志望動機のヒントがあるのです。

最初に職業を決めてしまって、逆算的に大学の学部を決める方法もあるのですが、どうしてもそれだと学問の本質からそれてしまいます。あなたが感じている疑問や好奇心の延長線上に職業を持ってくるようにしましょう。

その際にしっかりと考えておきたいのが、大学卒業後の数十年後のビジョンです。将来はどういった社会になっているのか。今学ぼうとしている領域は将来どうなっているのか。大学での学びを将来の職業にどう活かしていきたいのか。職業がなければ起業をするのか。など、今後の未来のことも頭の中で描いておくと、より説得力が増した志望動機が作成できるようになります。

あわせて読みたい記事

大学入試の面接で必ず聞かれる質問トップ5!万全の準備を!
全国の大学入試で必ず聞かれる質問があります。当たり前と言ったら当たり前ですが、もう一度確認し、万全の準備を行って面接に臨むようにしましょう。...
【AO・推薦入試】大学受験における志望理由書の書き方のコツ
今回は、大学受験のAO入試や、推薦入試における志望・志願理由書の書き方について記述していきます。ここから選考が始まっているわけですから、しっ...