【AO・推薦入試】大学受験における志望理由書の書き方のコツ

今回は、大学受験のAO入試や、推薦入試における志望・志願理由書の書き方について記述していきます。ここから線香が始まっているわけですから、しっかり書き上げていきたいところです。

志望・志願理由書の書き方

いきなり書き始めるのではなく、下準備が必要ですね。下準備とは、「志望する大学の情報収集」「自分についての棚卸」「志望する大学と自分とのマッチング」の3本の柱となります。一つひとつみていきましょう。

スポンサーリンク

志望する大学の情報収集

憧れや親戚・先輩が出身などを書けばいいということではありません。たとえ、そうであったとしても、それを確固たる理由の裏付けとなる情報が必要になります。

  • オープンキャンパスに行く
  • 大学が主催するイベント・学芸会などに参加する
  • 大学のパンフレットの熟読
  • 大学情報サイトや雑誌の在学生の記事を見る

など

オープンキャンパスは、必須と言えるかもしれません。そこでのガイダンスや質問、教授や先輩方の対応など肌身を感じてさまざなことを吸収できるはずです。これは志望理由書を書く上で格好の材料となります。また、大学側にも、面接時などに、その熱心さをアピールできるチャンスとなります。

自分の関しての棚卸

どういうことかといえば、自分の過去、今、未来を語るうえで欠かせないキーワードや経験を列挙して、線にしてみるということです。たとえば、今の自分があるのは、過去に、「ピアノ」「バレエ」「部活動」を通じて、「努力」「友情」「助け合い」「好奇心」を身に着けた。そんな折、部活動をけがをして、入院してある「看護師」に出会った。そんな「看護師」になりたいと思い立ち、「医療」や「高齢者」の問題に興味を持つようになった。今では、「予防医療」に興味をもち、医療現場というより、そもそも「健康」に年老いていけるように、「新薬の開発」に従事できる仕事に就きたい。

このように、あなたを構成するキーワードや経験(出来事)を列挙してみましょう。

志望する大学と自分とのマッチング

「志望する大学の情報収集」と「自分についての棚卸」を踏まえて、いかに、自分とって、志望大学で学ぶことが必要であり、自分に合っていることをマッチング、アピールしていきます。

志願理由書フォーマット

以上のことを踏まえ、以下のように記述していくことになるでしょう。

私は、□□大学○○学部を志望する理由は2つあります。1つは、私はこれまで~という人生を歩み、将来は、~になりたいという目標があります。もう1つは、オープンキャンパスでの~、先輩方の~でこの大学で学びたいと思いました。以上の2つ理由から、私は、~ということに興味を持ち、それを深く、貴大学で学び、将来の~になるという目標を達成したいと思い志望しました。

あわせて確認