注目の新学部!滋賀大学「データサイエンス学部」とは?

シェアする

現在、社会中にあらゆるデータがあふれています。滋賀大学に新たに設置される新学部「データサイエンス学部」では、これらのビッグデータを活用し、新たな価値を創造し正しい意思決定ができる人材を育成します。

滋賀大学「データサイエンス学部」とは?

データサイエンス学部とは、社会にあふれている様々なデータを活用し、新たな価値を創造するスキルを身に付ける学部です。現在、ビジネスだけでなく教育や医療、行政などにおいても高度なデータ処理能力、データ分析能力、データから得られたことをフィードバックする能力が求められています。

データサイエンス学部では、あふれるビッグデータを活用し、社会に貢献できる人財の育成を目指しています。

スポンサーリンク

データサイエンス学部では何を学べるの?

日々進化するICT(情報通信技術)を体系的に学習できるほか、従来の情報学と統計学を超えた21世紀の最新科学である「データサイエンス(データ中心科学)」を学ぶことができます。

データサイエンスでは、膨大なデータを収集、管理、加工、処理、分析するスキルが必要です。このためには情報処理や統計学の技術が必要になり、理系的な知識が必要です。

一方、分析されて得られた情報を発信し、社会に貢献できる仕組みづくりをするには、社会構造も理解しておかなければなりませんし、経済や経営的な要素も必要になります。文系的な知識も必要となるのです。

データサイエンス学部では、文理の壁を越えて、新たな価値を創造できるカリキュラムを体系的に学習することができます。カリキュラムは大きく2つの分野に分かれており、「データサイエンス科目」「価値創造科目」を学ぶことになります。

学ぶことができる主な科目は、

  • データアナリシス系科目
  • データ解析科目
  • データエンジニア系科目
  • データコンサルタント系科目
  • データ駆動型PBL演習
  • 情報倫理
  • 価値創造方法論
  • 価値創造実践論
  • 最先端の情報理論
  • プレゼンテーション論

などになります。講義では、実際のデータを扱い価値創造を体験するためのPBL型(課題解決型学習)の演習を行うことになります。

卒業後はどんなフィールドで活躍できるの?

データサイエンスのスペシャリストの活躍領域は非常に広く、様々な分野で活躍できます。また色んな資格も取得できますので、今後のキャリア形成に役立ちます。

取得できる資格は、

  • 社会調査士
  • 情報処理技術者試験
  • 統計検定
  • 品質管理検定 (QC検定)

などがあり、社会のニーズも非常に高くなっています。

卒業後は、情報・金融・メーカー・医療関連などの企業や公官庁、経営コンサルティングやアクチュアリーとして活躍できることが想定されます。

滋賀大学「データサイエンス学部」入試情報

平成29年度入試では、AO入試で20名、一般入試前期で60名、後期で20名の合計100名の募集になります。平成30年度入試以降は、内訳が変更される予定ですので、わかり次第修正します。

AO入試、一般入試どちらもセンター試験の受験が必要で、5教科7科目又は6教科7科目を利用することになります。

詳しくは滋賀大学のHPで確認してください。下記リンクより飛べます。

滋賀大学「データサイエンス学部」入試情報

まとめ

ビッグデータの処理は非常に難しいものです。時間もかかるし、本当に必要な情報なのかの判断も難しいです。さらに、得られたデータをどう活用し、社会にフィードバックするかも大切です。これらを体系的に学べる学部には非常に魅力を感じます。社会に出ても重宝される人材になることは間違いないでしょう。

滋賀大学の他にも、文部科学省はデータサイエンスの教育拠点として国内の国公立大学6校を指定しています。滋賀大学のほか大阪大学、北海道大学、東京大学、京都大学、九州大学。

21世紀がよりよい社会になるようにデータサイエンスの学問が社会に大きく貢献することを願います。

あわせて読みたい記事

注目の新学部!横浜国立大学「都市科学部」とは?
2017年4月に、横浜国立大学に新学部が登場しました。これからの都市社会の構想と設計のため学部で学部名は「都市科学部」。文系理系の枠組みを超...
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク