新大学入試における英語4技能試験の対策。現状の英語の対策とどう違うの?

スポンサーリンク

今回は、新大学入試制度における英語の対策について、現状の英語の対策と比較しながら見ていきましょう。

新大学入試制度の英語対策

新大学入試制度の英語は、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つの力を必要とします。現状の英語も4つですが、「単語力」「熟語力」「文法力」「英文解釈力」といった「読む」カテゴリーの中の4つとなっています。

つまり、現状の英語の対策と同じようにしていては、「聞く」「話す」「書く」の力を養うことができません。それらの力をつけていく方法ですが、次に説明していきます。

スポンサーリンク

いかにして、英語力をつけるのか

新大学入試制度の英語、「教科(受験英語)」と違うことを認識しないといけません。「語学」である認識するべきでしょう。「語学」と認識すれば、自ずとその対策は見えてきます。なぜならば、私たちは、すでに、1つの語学「日本語」を身についているのです。その「日本語」を身に着ける過程で、「聞く」「話す」「書く」の力を養ってきましたね。

それを「英語」でも再現すればといいということになります。

我々は、日本語をどう身につけてきたのか

「日本語をどう身につけてきたのか。」そのことへの回答は、やはり、そこに日本語をあったからとなるでしょう。日常の中に、当たり前のように、日本語あり、最初は、わけのわからない呪文のようにしか聞こえなかった日本語であったはずです。赤ちゃんのころですね。

それが、いつしか、いつも使われる単語である「パパ」「ママ」「ジィジィ」「バァバ」から単語を覚え、脈絡もなく使い始める。使ってみるといった方がいいでしょうか。それを繰り返してうちに、単語が増え、使える文も増えていき、しだいに簡単な会話をこなさせるようになっていったわけです。

そうなるまでに、どれくらいの時間を要したでしょう。生まれてから小学4年生の10歳になれるとある程度、日本語として身についたというレベルに達することができたと言えるのではないでしょうか。

2つめの語学である英語を習得する期間は

英語は、2回目の語学習得になりますので、日本語のようにそれほど時間はかからないのではとお思いでしょう。それは、間違いではありません。3年ぐらいあれば、英語は習得することは可能だという認識です。

それには、最大のポイントが…

英語を身につける最大のポイント

英語を身につける最大のポイント、それは、日常の中に英語を溢れさせることが大事です。家庭でも学校でも、そのような環境が望ましいでしょう。そういう環境をつくる努力が一番ですね!

たとえば、友達と話すときは、これからは英語にしてみるとか。最初は、片言かもしれない、うまく通じず、調べてばかりかもしれない。それでも、それを続けていくだけで、英語は随分上達します。そこに、ネイティブスピーカーの講師をつけることで、飛躍的に英語は身についていきます。今は、オンライン英会話など格安で、良質の講座はたくさんあります。自分に合ったサービスを選んで、ぜひネイティブスピーカーの講師をつけてみましょう。

まとめ

新大学入試制度の英語は、教科(受験英語)でなく、語学であるという認識が大事だということ。そのために、まずは、英語に溢れる環境を作っていくことがポイントだということです。

それからです。具体的な受験突破攻略法という戦略やテクニックを利用するのは…。TEKIBOでは、いいテキスト、オンライン講座、攻略テクニックなども紹介していければと思います。

こんな記事も読まれています