夏休み前の数学の勉強法!使うのは教科書!

夏や休みが近づいてきました。夏休みは大学受験にとって非常に大切な時期です。「夏を制する者は受験を制す!」と言われるように、基礎定着の大切な時期になります。今日は夏休み前のおすすめの数学の勉強法についてお伝えします。

夏休み前の数学の勉強法

夏休みを前にして、期末テストの成績や模試の結果が返ってきている時期ではないでしょうか。特に模試の結果は今後の受験勉強のバロメーターになる非常に大切なデータです。しっかりと有効活用し、自分の勉強計画に反映させてください。

模試の結果で数学の成績はどうでしょうか。目標偏差値に近づいているでしょうか。まだまだという人も多いのではないでしょうか。そんな人は、この夏休み前の勉強が非常に大切になってきます。問題集の演習前の非常に大切な下準備期間になるからです。

模試の結果がたとえ悪かったとしても慌てずにじっくりと、我慢強く勉強を継続してください。数学の場合、目に見えて成績が上がるのは、個人差はありますが、平均すると約3か月の時間を要します。慌てて応用問題演習をするのではなく、基礎を徹底的に習得するように努めてください。

スポンサーリンク

教科書の総復習

学校もあらかた数学ⅠAから数学ⅡB、理系の生徒は数学Ⅲまで学習が終わったころではないでしょうか。学校の問題集やセンター対策の問題集にも手を付けだしている生徒もいるかと思いますが、この時期やっておくと効果的な勉強法があります。

それは、数学Ⅰからの教科書の見直しです。参考書や問題集ではなく。教科書を徹底的に復習するのです。その際に次の点に注意してください。

  • すべての公式を理解する
  • なぜその公式ができるのか導出できるようにする
  • いつその公式を使うのか理解する

教科書には非常にシンプルに解説が乗っています。教科書に載っていることが理解できないようなら、大学受験の問題を解くことは不可能に近いです。わかりにくい単元に来ても根気強く教科書を読み込んでください。

公式も全ての公式を復習しましょう。そして、これが大切なことですが、ただ意味も解らず公式を覚えるのではなく、どうやってその公式ができているのか。どういった意味を持っているのか。どんな問題のときに使うのかをしっかりと考えるようにしましょう。それが、実際入試問題を解く力につながります。

地道な作業になりますが、非常に大切な作業です。この教科書の読み込みが終われば、問題演習もスムーズに行きます。

あわせて読みたい記事

コメント

  1. […] 分毎日やってきた数学なんとなくつかめてきたような。  確認夏休み前の数学の勉強法!使うのは教科書! […]