【大学受験勉強】GW(ゴールデンウィーク)の勉強の仕方

大学受験生にとっては、GW(ゴールデンウィーク)をうまく活用したいところですが、全てを勉強打ち込める人は、まだまだ少ないでしょう。そもそも、部活動もいよいよ最後の大会に向けての、遠征だったり、大会だったりという受験生も多く、そちらに打ち込みたいの本音でしょう。部活動をしている人は、何も心配せずに、部活動に打ち込んでほしいと思います。とことん”打ち込んでください。その“とことん”が、部活動を引退後の勉強にも反映されます。

GW(ゴールデンウィーク)の勉強

それでも、まったく勉強をしなくていいかというとそうではありません。2つのことを意識してほしいとおもいます。

スポンサーリンク

スキマ時間を活用する

部活動の移動時間や学校までの通学・帰宅時間、部活動の休み時間などを活用して、勉強をしてほしいと思います。思い出したり、暗記するなど簡単なもので構いません。できれば、練習でランニング中など、単語や古語、公式など思い出しながら、覚えながら走れるとなおさらいいです。フィジカルトレーニングのときなども、腕立て1回すると同時に、1つの単語を思い出すなんてこともできるといいでしょう。

小さなスキマ時間の積み重ねも、継続すればすごい勉強時間になっています。

帰宅後は机へ

帰宅後は、ぜひ机へ向かいましょう。勉強というより、部活動の日誌を閣でも構いませんし、机に向かうことが大切です。そこで、ふと1.2時間でも、勉強ができるとなおさらいいです。

勉強の内容

決まって学校からの課題や塾に通っている人は宿題があるでしょうから、それらをやりましょう。わからない単語、公式、用語は、その場で覚えるようにしましょう。余裕があれば、今のうちに、受験に必要な単語、連語、構文、公式など少しずつ覚えてしまうといいでしょう。

参考【大学受験・英語】入試によく出る熟語・群動詞のまとめ

あわせて確認