大学受験に失敗する人の特徴とは?これを回避すれば合格!

スポンサーリンク

大学受験に失敗する人の特徴をまとめをまとめてみました。いろいろありそうですが、結局のところ、ここに収斂されるのではないでしょうか。まずは、大学受験に失敗する理由を挙げてみましょう。何かお気づきなるでしょうか。

大学受験に失敗する理由

  • 勉強がはかどらなかった。
  • 自分の学力より高すぎる大学を受験した。
  • 苦手科目が克服できなかった。
  • 部活動と勉強の両立ができなかった。
  • 遊びや友達からの誘惑に負けてしまった。
  • 受験勉強をスタートする時期が遅かった。
  • 勉強する教科に偏りがあった。

など、大学受験に失敗する理由するは、以上のようになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

大学受験に失敗する人の特徴

大学受験に失敗する理由は、すべて「言い訳」ではないかということです。つまり、大学受験に失敗する人の特徴は、「言い訳する人」。もっといえば、「言い訳がうまい人!」ということになります。あなたは、大丈夫ですか?

言い訳がうまい人の特徴

言い訳がうまい人の特徴は、本人は無意識に、普段から様々な場面で、勉強意外のことでも何をやるにしても、言い訳をしており、日々、言い訳がうまくなっていっています。ですので、やっかいです。自分は、そうかも!?と思う人は、自分の発言を意識することから始めてみてください。できれば、1日中、自分の発言を録音するkとおがおすすめです。今の録音機は、24時間以上録音できるぐらいの性能を兼ね備えていますので、大丈夫です。

まとめ:合格するために

大学受験に失敗する人の特徴をまとめてみました。大学受験をより、確実するために、まずは、「言い訳をしない」ことを習慣することから始めてみましょう。

そのうえ、「勉強をする。」→「勉強の質を高めていく(効率化をすすめる)」といった戦術が必要になっていくのではないかと思います。

あわせて読みたい

スポンサーリンク
他に知りたいことを検索!

フォローする