【高3】新年度から大学受験までのスケジュールとやるべきこと

スポンサーリンク

今回は、例年の新年度から大学受験までのスケジュールをまとめてみました。大まかな大学受験までのスケジュールを見て、受験から逆算して、日々の学習のカリキュラムを立て学習したいところです。新年度から入試は始まっています。

大学受験までのスケジュール

月を追って、スケジュールとやるべきことを記述していきたいと思います。

スポンサーリンク

4月

志望学部は決めておきたいところです。その上で、現在の実力から鑑みて、本命(第1志望)、実力相応校(第2志望)、安全校(第3志望)ぐらいまで絞りこみましょう。

5月

GWを利用して、本命(第1志望)、実力相応校(第2志望)、安全校(第3志望)の入試制度、過去問の傾向をつかんでおく必要があります。少なくとも、指定校、AOなどの推薦、一般受験のどれを第1手段として受験するのかを決めておきましょう。いずれにしても、この時期は、日程的にも最も遅い、一般入試を見据えた学習を必要不可欠です。

7月

国公立大学の選抜要項(日程・定員・出題科目・時間・配点など)の発表

国公立を受験を希望人は、即座に確認する必要があります。去年との変更点があれば、それに臨機応変に対応し、カリキュラムを見直す必要があります。

8月

勝負の夏休み。第1手段で利用を考えている入試方式(指定校、AO、推薦、一般など)にウエイトを置いた学習が必要ですが、夏は一般入試になる可能性もあるので、一般入試に即した勉強も必要です。国公立大学や私立大学でセンター利用などを考えている人は、この夏に、センター対策をある程度終えてしまうのが理想です。

9月

大学入試センター試験 検定料等払込が開始
私立大学で早いところではAO入試開始

いよいよ早い人は、入試本番です。学校や周りの友達の雰囲気も一変する時期なります。この時期最も大切なのは、周りの情報に振り回わせれないことです。人によって、言うこともまちまちになりますので、自分をしっかり持って、自分を信じて頑張りぬきましょう。

10月

大学入試センター試験 出願開始

11月

私立大学 推薦入試開始

1月

  • 大学入試センター試験(本試験) 第二週土曜日・第三週日曜日?
  • 大学入試センター試験 水曜日あたりに平均点等の中間発表
  • 金曜日あたりに推薦入試(大学入試センター試験を課さない場合)結果発表
  • 同じく金曜日あたりに大学入試センター試験 得点調整実施の有無の発表
  • 翌週から2次(個別)試験 出願

※2次(個別)試験の出願にあたっては、情報戦を要します。自分の学部、志望大学など自分にとって何が大事なのか、優先順位をはっきりさせたうえで、どのように出願するのがベストまたはベターなのか見極める必要があります。

優先順位を決める上でのチェック項目になりうるもの

  • 現役にこだわるか、浪人もありか。
  • 学部を優先か、大学を優先か。
  • あくまでの国公立か、私立もありか。
    など

2月

  • 2月に入ってすぐ、大学入試センター試験 平均点等の最終発表
  • 私立一般入試開始
  • 国公立推薦入試(大学入試センター試験を課す場合)・AO入試結果発表
  • 国公立推薦入試・AO入試合格者の入学手続
  • 国公立前期日程試験

3月

  • 私立一般
  • 国公立中期日程試験
  • 国公立後期日程試験

まとめ

  • 4月~5月に、学部・志望大学・入試方式を決める。優先順位をはっきりしておく
  • 6月~8月は、志望大学に合わせた対策及びセンター対策として基礎固め
  • 9月~ 随時入試が始まる
  • 1月下旬 国立2次(個別)出願にあたって情報戦

新年度が始まれば、長いようであっという間の受験です。はじめの優先順位を決めて、そこから逆算して取り組んでいくことが大事です。まだまだ、エンジンがかからない夏までが勝負です。夏以降は、否が応でも、みんな勉強し始めますので、前半で十分な貯金を作りましょう。

<こんな記事も読まれています>

偏差値が低い高校から名門大学へ合格する入試制度活用法
今回は、高校生になって、どうしても名門大学へ行きたくなったのだけれど、偏差値が低い学校で、どうしたらいいかわからない人に読んでほしい記事です...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク