【大学受験・日本史】大化の改新と律令国家の成立まで

シェアする

大化の改新と律令国家の変遷について学びます。

大化の改新

618年に中国では唐が成立します。朝鮮半島でも、高句麗、新羅、百済の3国が、それぞれの方法で権力の集中を図っていた時代。その時代において、日本は強力な中央集権国家建設の必要にせまられていました。

律令国家の成立まで

  • 645年「乙巳の変(いつしのへん)」…中大兄皇子と中臣鎌足らが蘇我入鹿を暗殺。
  • 646年「改新の詔」…中大兄皇子らの新政府がうちだした新しい政治の方針。
  • 663年「白村江の戦い」…日本VS唐・新羅連合軍。日本の負け。中大兄皇子、天智天皇に即位。
  • 670年「庚午年籍」…最初の全国的戸籍とされる。
  • 672年「壬申の乱」…天智天皇の死後、皇子の大友皇子VS弟の大海人皇子。大海人皇子が勝利し、天武天皇となる。
  • 690年ごろ「藤原京」建設…日本最初の本格的な都城
  • 701年「大宝律令」制定…中国の律令を手本として作られた、本格的な刑法(律)、行政法(令)の制度。
スポンサーリンク

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク