【大学受験・日本史】大正時代の社会運動のまとめ

大正時代の社会運動についてまとめています。この時代は、いろいろ言論に制約がありながらも、それでも声に出して、運動を起こした人々がいました。中でも、女性運動家が登場したのも特徴でしょう。それでは、大正時代の社会運動についてみていきましょう。

大正時代の社会運動のまとめ

第2次世界大戦前、社会主義思想の研究には国家によるきびしい制約があり、森戸辰男は研究論文が危険思想とされ処罰されました。一方で、鈴木文治が設立した友愛会は、労資協調を唄え、労働組合運動の母体となりました。東京帝国大学の思想運動団体である新人会は、社会科学の研究や啓蒙を行い、日本の社会運動に大きな影響を与えました。

スポンサーリンク

全国水平社

第1次世界大戦後の1920年代前半には、差別から解放を訴えた全国水平社が設立され、部落差別の撤廃をめざしました。また、農民運動の全国組織として、日本農民連合が結成されました。

女性運動家の活躍

市川房江は女性解放運動の指導者で平塚らいてう(雷鳥)らと新婦人協会を結成して女性の政治参加を訴えた。1924年婦人参政権獲得期成同盟会を作り、第2次世界大戦後には、参議院議員となりました。

平塚らいてう(雷鳥)らは、「青鞜」を創刊。また山川菊栄らが社会主義の立場からの女性解放運動を展開していき、社会主義を宣伝する赤蘭会が女性によって結成。

あわせて確認