【数Ⅰ】覚えておくと便利な「特別な三角比の値」の表

何かと便利なのでよく利用する「特別な三角比の値」の表は、覚えて使えるようにしておきましょう。

「特別な三角比の値」の表

θ 30° 45° 60° 90° 120° 135° 150° 180°
sinθ 0 \dfrac{1} {2} \dfrac {\sqrt {2}} {2} \dfrac {\sqrt {3}} {2} 1 \dfrac {\sqrt {3}} {2} \dfrac {\sqrt {2}} {2} \dfrac {1} {2} 0
cosθ 1 \dfrac {\sqrt {3}} {2} \dfrac {\sqrt {2}} {2} \dfrac {1} {2} 0 -\dfrac {1} {2} -\dfrac {\sqrt {2}} {2} -\dfrac {\sqrt {3}} {2} -1
tanθ 0 \dfrac {1} {\sqrt {3}} 1 \sqrt {3} × -\sqrt {3} -1 -\dfrac {1} {\sqrt {3}} 0

特に、sinθは、0°、30°、40°、60°、90°の順に、√△/2で、△=0、1、2、3、4を順に入れた値になっています。

スポンサーリンク

あわせて確認