2018年度スタート!宇都宮大学の理系5年一貫特別入試

スポンサーリンク

国が掲げる教育改革の1つに、教育年限の柔軟化があります。その要求に答えるような形で、2018年4月から宇都宮大学に5年間の一貫したプログラムで学士と修士の学位を両方取得できる新コースが誕生します。

宇都宮大学の理系5年一貫教育

栃木県宇都宮市にある国立大学、宇都宮大学が2018年4月から開始する「理系5年一貫教育」とは、大学の早期卒業制度を利用して学士課程を3年間で学び、大学院の博士課程前期か修士課程を2年間学ぶプログラムになっています。5年間の一貫したプログラムの受講により、短期間のうちに学士と修士の両方の学位を取得することができます。

対象となる学部・学科は次の通りです。

  • 工学部
    機械システム工学科
    電気電子工学科
    応用化学科
    情報工学科
  • 農学部
    生物資源科学科
    応用生命科学科
    農業環境工学科
スポンサーリンク

大学院は給付型奨学金が支給

入学試験は、推薦の枠組みで実施され、書類審査と面接の第1次選考と大学入試センター試験の5教科7科目で合否を判定します。募集人員は4名と狭き門となっていますが、大学院の2年間は返済の必要がない給付型奨学金が支給されます。

しかし、大学在学中に早期卒業の基準に達しなかった場合、一般学生扱いとされ、大学院は受験できますが、奨学金は給付されない形になります。

理系5年一貫教育 入試情報

出願要件に、グローバルサイエンスキャンパスの受講者、または、大学指定のコンテスト等に参加し優秀な成績を修めていることがあります。

  • 募集人員:4名
  • 出願書類:入学志願票、推薦書、調査書、志望理由書、進学後の自己設計書等
  • 1次試験:書類審査、面接
  • 2次試験:センター試験(理系5教科7科目型で物理が必須)
  • 出願期間:2017年11月1日(水)~6日(月)
  • 選抜期日:1次試験2017年12月2日(土)
  • 合格者発表:2018年2月5日(月)

スポンサーリンク
他に知りたいことを検索!

フォローする