2018年度早稲田大学「めざせ!都の西北奨学金」と「小野梓記念奨学金」

シェアする

早稲田大学には、大学独自の給付型奨学金制度が多数ありますが、その中でも有名なものが「めざせ!都の西北奨学金」と「小野梓記念奨学金」です。2018年度入学者からさらに利便性が良く使いやすい奨学金となっています。

めざせ!都の西北奨学金

早稲田大学への入学を希望する、首都圏以外の国内の高校生に入学後の経済支援を行うこ
とを目的として、設立されたのが入試前予約採用給付奨学金「めざせ!都の西北奨学金」です。

この奨学金は、給付型奨学金制度ですので、卒業後に返還の必要がない奨学金になります。出願前や出願と同時に奨学金の申請を行い、審査の結果採用候補者となった学生に、合格後の奨学金を事前に約束するものになります。

これまでは、一般入試、センター利用入試、新思考入試、指定校推薦入試による入学者のみが対象となっていましたが、2018年度第二回申請分より、自己推薦入試、スポーツ自己推薦入試、スポーツ推薦入試、公募制学校推薦入試、AO 入試も給付の対象となりました。

めざせ!都の西北奨学金の給付内容は、入学時納入金のうち春学期分授業料を免除することで入学後の経済支援を行うこととなっています。家計状況と学業成績の基準を満たせば大学4年間継続できる奨学金ですので、入学後も引き続き家計負担が軽減され、安心して勉学を継続することができます。

スポンサーリンク

申請資格

申請資格には、首都圏以外の高校生であることなど細かな規定がありますが、父母の所得・収入については以下の要件があります。

給与・年金収入金額(控除前) その他、事業所得金額
800万円未満 350万円未満

採用候補者数は、第一回分と第二回分を合わせて1,200名となっています。

小野梓記念奨学金

早稲田大学への入学を希望する東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県(一都三県)の高校生に入学後の経済支援を行うことを目的として設けられている給付型奨学金制度が「小野梓記念奨学金」です。

この奨学金は、給付型奨学金制度ですので、卒業後に返還の必要がない奨学金になります。出願前や出願と同時に奨学金の申請を行い、審査の結果採用候補者となった学生に、合格後の奨学金を事前に約束するものになります。

一般入試、センター利用入試、新思考入試、指定校推薦入試、自己推薦入試、スポーツ自己推薦入試、スポーツ推薦入試、公募制学校推薦入試、AO 入試で早稲田大学を受験する受験生が給付の対象になります。

奨学金額は40万円で、家計の状況や基準を満たせば4年間継続して給付を受けることができる奨学金です。

申請資格

申請資格には、一都三県に設置された高校の出身者であるなどの要件がありますが、父母の所得・収入については以下の要件があります。

給与・年金収入金額(控除前) その他、事業所得金額
400万円未満 175万円未満

採用候補者数は、第一回分と第二回分を合わせて200名となっています。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク