早稲田大学の入試方式まとめと対策

シェアする

早稲田大学の入試方式をまとめています。近年、私立大学は、いわゆる各大学が作成した学力テストのほか、センター入試の得点を合わせた併用型や推薦入試、AO入試をふくめ各大学で入試選抜方法が多様化しています。中でも、早稲田大学は、入試方式が多いとのが特徴です。一度、ここで整理して、自分に合った入試方式で挑むことのがよいでしょう。

早稲田大学の入試方式

スポンサーリンク

一般入試

原則として3教科入試ですが、教科・科目は学部・学科によって異なります。創造理工学部建築学科では3教科に加えて「空間表現」の試験があります。また、政治経済学部以外の学部では、補欠合格者発表の制度があります。

一般入試のある学部

政治経済、法、文化構想、文、教育、商、基幹理工、創造理工、先進理工、社会科学、人間科学、スポーツ科学、国際教養

センター試験利用入試

  • A:大学入試センター試験の成績のみで合否判定する方式
  • B:大学入試センター試験の成績と個別試験(一般入試の指定科目・数学・競技歴調査書)の成績の合計で合否判定する方式

の2つがあります。

センター試験利用入試のある学部

  • A:政治経済、法、文化構想、文、商、社会科学、人間科学、スポーツ科学、国際教養
  • B:文化構想、文、人間科学、スポーツ科学

自己推薦入試

高校時代のさまざまな活動が評価されます。選考は書類審査・面接・小論文等によって実施。なお、学部・学科等により出願条件は異なります。

自己推薦入試のある学部

教育、社会科学、スポーツ科学

AO方式等による入試

政治経済学部グローバル入試、文化構想学部国際日本文化論プログラム(JCulP)、創造理工学部早稲田建築AO入試〈創成入試〉、創造理工学部・先進理工学部特別選抜入試、スポーツ科学部トップアスリート(AO方式)入試、国際教養学部【AO入試】国内選考があります。

政治経済学部グローバル入試

国際社会における様々な分野で活躍するグローバルリーダーの輩出をより強く推進するため、社会への強い関心や問題意識を持ち、地域・世界の発展に貢献するための理解力・分析力・思考力・表現力・行動力等を身につけようとする積極性のある学生が求められます。

文化構想学部国際日本文化論プログラム(JCulP)

文化構想学部多元文化論系内のプログラムの1つとして置かれ、「英語による学位取得プログラム」(4月入学)に日本の中等教育機関修了(見込み)者が対象。

創造理工学部早稲田建築AO入試〈創成入試〉

創造理工学部・先進理工学部特別選抜入試

「数学オリンピック」「化学グランプリ」「情報オリンピック」「高校生科学技術チャレンジ」「日本学生科学賞」「日本生物学オリンピック」「物理チャレンジ」を利用した入試を実施

スポーツ科学部トップアスリート(AO方式)入試

出願時点で、オリンピックや世界選手権への出場経験、あるいはオリンピックや世界選手権出場につながる国際的レベルの競技大会への出場経験、もしくはそれに相当するレベルの競技能力を有する人を対象に、事前セミナー・書類選考および面接によって選考。

国際教養学部【AO入試】国内選考

書類・筆記の各審査を通し、学力・思考力・表現力に加えて国際性を備えた人を積極的に評価します。また、4月入学の国外選考、9月入学のAO入試も実施。

公募制学校推薦入試(FACT選抜)

人間科学部で実施され、人間科学部での学習を開始するにあたって、入学者に期待される「5つの力」を総合的に評価するための独自の選抜方式。

その他

新思考入学試験、英語による学位取得プログラムへの入学試験などが準備中になっています。そのほか、指定校推薦入試、社会人入試などがあります。

早稲田大学の記事

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク