▶ YouTubeで授業動画配信中

大学入試小論文「空き家問題について解答例」

スポンサーリンク

大学入試小論文「空き家問題の解答例」についてまとめています。講評をつけているので、参考にしてみてください。

【問題】筆者が提示した、空き家問題に対して、あなたの意見を述べ、あなたならどんな解決策を提示するのか述べなさい。
スポンサーリンク

空き家問題の解答例

空き家問題は、現代の地域社会における重要な課題の一つである。しかし、その解決には単なるテクノロジーの導入だけではなく、人との協働が欠かせない。筆者が提案された方法は、空き家の活用に民泊を取り入れることであり、それは確かに効果的な一手段であるが、それだけでは解決できない側面もあると考える。

外国人観光客の増加により、民泊の需要は高まっている。彼らが日本文化を体験し、地元の生活に触れる機会を提供することは、地域社会の活性化に繋がる。また、テクノロジーの導入により、民泊の運営を効率化し、人件費を削減できる点も大きなメリットである。自動化された掃除や洗濯受付は、民泊の運営負担を軽減し、経営を持続可能なものにするだろう。

一方、テクノロジーの導入によっても解決しきれない課題もある。おもてなしは、日本の伝統的な美徳であり、外国人に高く評価されている。これは機械ではなく、人間の心温まる対応や細やかな気配りによって成り立っている。テクノロジーは確かに一部のタスクを代替できるが、おもてなしの本質は人間同士のコミュニケーションや心の交流によって形成されるものである。そのため、テクノロジーの導入が進むにつれて、人とのつながりや心の交流が希薄になるリスクも考えられる。

空き家問題を解決するためには、テクノロジーの活用と人との協働が必要不可欠だと考える。テクノロジーは効率化や負担軽減に貢献できるが、人間の温かみやおもてなしの要素は不可欠なのだ。そのため、民泊運営においても、テクノロジーの活用と並行して、人間の介在が重要だ。例えば、ロボットやAIがタスクの一部を担う中で、人間がお客様とのコミュニケーションや現地の案内など、より深い付加価値を提供する役割を果たすことが可能だ。このように、テクノロジーと人間の力を組み合わせ、より良い解決策を見出していくことが求められる。

空き家問題の講評(抜粋)

空き家問題とその解決策について包括的に考察していますが、外国人観光客の増加やテクノロジーの導入による効果が述べられていますが、これらの主張を裏付ける具体的なデータや事例が欠如しています。統計データや過去の成功事例などを挙げることで、提案の信憑性が高まります。

<例文➀>
外国人観光客の増加による民泊需要の拡大は、現在の日本の観光産業において明白なトレンドである。観光庁報告書の2023年の統計データによれば、日本への外国人観光客数は前年比15%増加し、その傾向は今後も続くと予測されている。この増加する需要に対応するため、民泊施設の数も年々増加しており、都市部から地方まで幅広い地域で民泊が普及している。例えば、東京都心部では、2019年から2023年までの間に民泊施設の数が3倍に増加し、その利用率も年間平均で20%以上上昇している。」

<例文➁>
テクノロジーの導入による民泊運営の効率化と負担軽減に関して、実証された成功事例が存在する。例えば、大手民泊運営企業XYZ社では、AIを活用した自動受付システムの導入により、運営コストを30%削減し、顧客満足度を向上させることに成功している。さらに、ロボット清掃システム株式会社データでは、ロボット清掃システムの導入によって清掃作業の効率化が図られ、従来の作業時間の半分以下で同等の清掃品質を実現している。

小論文対策
スポンサーリンク
大学入試小論文講座の紹介
一人にひとりに志望大学・志望学科に合わせて、プロ講師が添削指導します。添削結果は、提出後24時間以内に返却されるので、スピード感をもって、小論文対策が可能です。ぜひ、小論文対策でお困りの方は、詳細ページを見てみてください。回数制なので短期間での受講も可能です。
シェアする

コメント

テキストのコピーはできません。