仮定法未来のポイント

シェアする

スポンサーリンク

仮定法未来のポイントについてまとめています。仮定法未来とは、未来に当然予測される出来事に反する仮定となります。

仮定法未来

仮定法未来には、Shouldを使うパターンとIf S were to Vという構文を使うパターンがあります。いずれも、未来のことに対して実現の可能性が低いことを仮定します。

  • It S should V…「万が一(未来に)SがVするならば」。現在形の助動詞も使われる。
  • If S were to V…主節で使われる助動詞は、過去形の助動詞
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る