【現代社会】地方分権改革の要点

シェアする

スポンサーリンク

【現代社会】地方分権改革の要点についてまとめています。

地方分権改革

近年地方で実施されている3つの大きな改革についてです。その3つの改革は、三位一体改革・構造改革特区・市町村合併の3つです。

どの改革も不況でお金が足りなくなった国が、自らの負担(地方に配分するお金+地方に押しつけた仕事の管理)を減らした結果、地方の自主性強化につながっています。平成バブル後の財政難で国の方針が変わりつつある今、地方はチャンスとも言えます。

  • バブル崩壊…1990年、日本銀行は低金利政策を転換、公定歩合を引き上げた。土地関連融資の総量規制も行われ、地価・株価は急落した。
スポンサーリンク

三位一体改革

地方の自主性を損ねる依存財源(国庫支出金と地方交付税) を減らすかわりに、自主性を損ねない程度の国税を一部、地方に譲る改革。

構造改革特区

まず特定の地域のみでさまざまな規制緩和を実施し、うまくいけば全国展開を検討。これを日本全体の活性化につなげていく。

市町村合併

3000以上ある市町村を、1000以下にすることをめざす。地方の財政基盤を強化し、地方交付税などの配分先を減らす。

その他の地方自治改革

地方の立て直し・地方自治の本旨の観点から、地方自治改革は大きく前進。市町村合併が進み、道州制移行も検討されている。

  • NPO法…1998年。行政や企業と連携して事業を行うNPOを支援。
  • 構造改革特区法…2002年。一定分野の規制緩和により地域の活性化を図る。
  • 地方分権改革推進法…2006年。地方分権改革をさらに進める。
  • 地方分権一括法…1999年に成立し、これまで国の指揮・監督下で処理されてきた機関委任事務が廃止された。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク