【高校地理】国家と領域・国境

シェアする

スポンサーリンク

【高校地理】国家と領域・国境についてまとめています。

国家とは

国家の主権の及ぶ範囲は国家の領域と呼ばれ、国の政策によって経済的・社会的・文化的に統治されている領域の一部である。その国籍を持つ国民は、国家の主権行使に参加する権利を持つとともに、その統治に服する義務を負っている。

スポンサーリンク

国家の要素

国家を構成する3要素は、主権・領域・国民であり、そのいずれを欠いても独立国とは言えない。独立国は、ほぼ自立的に主権を行使できる。 国民が一つの民族からなる国を国民国家(民族国家)と呼ぶ。 条約などにより、主権の一部を他国にまかせている国を保護国と呼び、まったく主権を持たない直轄植民地や信託統治地域をあわせて植民地と言う。しかし第二次世界大戦後、大部分の植民地は独立して一部の島国しか残っていない。

国の数

世界には 180余りの国家があり、日本やフランスのように、中央集権国家として中央政府が直接統治する国のほか、主権の一部を留保した自治的な州からなるアメリカ合衆国やロシア・ドイツ・スイスなどのような連邦国家もある。

領域と国境

国家

【図】高校地理 国の領域

国家が主権を持って治めることのできる領域は、領土・領海・領空からなる。領土の形は国の歴史的な発展過程の結果でもあり、国家の統治のあり方に影響を与えることが多い。

  • 領海…領土の海岸線から一定の距離の沖合までの海域。日本をはじめ主な国は,これまで最低潮位線から3海里以内を領海としていたが、最近では12海里をとる国が一般的 となった。 *この他、海底資源など
  • 経済水域…経済的利用にまで支配権を主張する経済水域を設定する国もある
  • 領空…航空機の発達とともに重要になり、定期航空便の乗り入れなども、その国の了解がなくてはできない。
  • 宇宙権…宇宙観測や偵察用の人工衛星などは、他国の領土の上空を飛んでいる。このため、赤道下のコロンビアなどの国々では、宇宙権を主張している。

国家の領域

国家の領域は、国境によって他国とへだてられている。国家の社会的・経済的支配が確立していない境界帯に国境を画定する場合、河川や山稜などの自然物(自然境界)を利用したり、経緯線や見通し線(数理的境界)にそって国境を定める。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク