【高校倫理】道元とは?

シェアする

スポンサーリンク

道元

日本で曹洞宗を開いた道元(1200年から1253年没)は、入宋の前に建仁寺で修行しており、明全(栄西の弟子・道元の師)を通した孫弟子にあたる一方、道元の曹洞宗の禅は、「只管打坐(しかんたざ、ただ坐ること)」である。それは悟りを求めるのではなく、ただ坐禅するのである。

道元の真理
「修証一等の只管打坐」、すなわち修行(修)と悟り(証)が一つになっている(一等)只管打坐という意味であり、「只管打坐」が手段で「身心脱落」が目的ではないということである。
【高校倫理】鎌倉仏教とは?
鎌倉仏教 鎌倉仏教は、比叡山に集まった修行僧たちの中から、新しい時代に適した仏教の姿を探求する動きから生まれました。末法思想とは、釈迦入滅…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る