高校英語「第1・2文型」主語=補語の関係がポイント!

シェアする

高校英語「第1・2文型」主語=補語の関係がポイント!についてまとめています。

第1文型

  • Cold winds blow hard every Winter.(冷たい風が冬ごとに激しく吹く)
  • The two young girls smiled happily. (その二人の若い女の子は幸せそうにほほ笑んだ)

以上のように、主語(S)と述語動詞(V)とだけで意味が完結し、それに 修飾語の加わった文は、最も単純な構造の英文で、第1文型と呼ばれる。

スポンサーリンク

There is 構文

There is/are A.の文もAが主語, is/are が動詞の第1文型である。

  • There is a pen on the desk.(机の上にペンがある)

第2文型

  • Tokyo is a very big city.(東京はとても大きな都市である)
  • You I look very charming today. (君は今日とてもチャーミングに見える)
  • The poor young man finally became a great artist.(その貧しい若い男はついに偉大な芸術家になった)

以上の3つの文は、主語と述語動詞だけでは「東京は,である」「君は, に 見える」「男は,になった」となり、文意が完全でない。いずれも述語動詞の後に、「何で」あるか(状態),「どんなふうに」見えるか(外見),「何に」 なるか(変化)などにあたる名詞や形容詞を補って初めて文の意味が完結する。

これらの名詞や形容詞は、主語の性質や状態について説明を補うもので、補語(C)と呼ばれ, これも「文の主要素」の1つである。また、このように主語(S)・述語動詞(V)・補語(C)の3つの文の主要素からなる文を、第2文型の文という。

第2文型の文では、次のように(主語=補語)の関係が成り立つ。
上の文では、

  • Tokyo = city
  • You = charming
  • man = artist

第2文型に用いられる主な動詞

「~である」型:補語が主語の「状態」を表す。

remain(~のままである)とkeep(~の状態を保つ)

  • They remained good friends. (彼らはずっとよい友達だった)
  • He kept silent during the meeting. (彼は会議中ずっと黙ったままだった)

「~になる」型:主語の状態の「変化」を表す。

get(~になる)、grow(~になる)、turn (~に変化する)

  • The teacher got well again. (先生はまた元気になった)
  • The wind will grow calm soon. (風はすぐ静かになるだろう)
  • These green leaves turn red in the fall.(これらの緑の葉は秋には赤色になる)

「~の感じがする」型:主語についての「感覚」を表す。

feel (~の感じがする)、taste(~の味がする)、smell(~のにおいがする)

  • I feel a little bad today. (私は今日少し体の調子が悪い(悪い感じがする))
  • This juice tastes sour. (このジュースはすっぱい(すっぱい味がする))
  • Lilies smell sweet. (ユリは甘いにおいがする)

「~のようだ」型:主語の「外見・様子」を表す。

seem (~のように見える) appear (~のように見える) Sound (~のように聞こえる)

  • The TV program seemed very interesting. (そのテレビ番組はとてもおもしろそうだった)
  • Ken appears a friendly person. (ケンはひとなつっこい人であるようだ)
  • Your plan sounds great. (君のプランはすばらしい(すばらしいように聞こえる])

注意greatly(副詞は補語にならない)

間違えやすい

「彼は親切だ」を× He is kindness. としないこと。kindness は「親切さ」 の意の名詞なので、「彼は親切さである」という変な意味になる。正解は 形容詞を用いた He is kind.

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク