【高校英語】不定詞のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

【高校英語】不定詞についてまとめています。不定詞は、「to+動詞の原形」の形のことをいい。to-不定詞という言われ方もします。中学生のときにも習いました。「to make a cake(+目的語)」、「to look happy(+補語)」、「to begin at once(+副詞句)」のように、目的語・補語をとる、副詞句で修飾されます。高校ではさらに、完了形や態があるといった「動詞的特徴」を持つ点では、「動名詞」と共通します。

しかし、名詞のはたらきだけをする動名詞とちがい、不定詞は名詞、形容詞、副詞など多くのはたらきをもちます。不定詞がどのようなはたらきをするかは、文中での位置やともに用いられている語の種類によって決まることが多い。ここに注目することが不定詞をマスターするポイントとなります。
確認中学英語の「不定詞」の総まとめ

不定詞の基本3用法

スポンサーリンク

名詞的用法

  • To play baseball is fun.(野球をすることは楽しい)
    =Playing is fun.
  • My dream is to be a singer.(私の夢は歌手になることです。)

名詞的用法の不定詞は、文のはじめにきて主語になったり、be動詞のあとにきて、補語になったりできます。「動詞の~ingの形」で名詞と同じ働きをするものを動名詞といいます。

副詞的用法

  • I went to the station to see Kumi.(私はくみに会うためにその駅に行きました。)

副詞的用法は、「~するために」「~して」という意味で、副詞と同じ働きをします。glad,sorry,happy,sad,surprisedは、感情を表す形容詞で、不定詞と用いられることが多いです。

覚えておきたい例文(その他の副詞的表現)

熟語的に覚えてもいいでしょう。

  • I tried only to fail.(やってみたが、失敗だけだった。)
  • The couple parted , never to meet again.(その2人は分かれたまま2度と会うことがなかった。)
  • The audience appeared to be bored.(観客は退屈しているようだった。)= seem to do
  • We chanced to ride on the same bus.(私たちは、たまたま(偶然)同じバスに乗り合わせた。)
  • His report proved to be false.(彼の報告は偽りだと判明した。)= turned out to be

形容詞的用法

  • I want something to drink.(私は何か飲み物がほしいです。)

形容詞的用法は、「~するための」「~するべき」という意味で形容詞と同じ働きをします。名詞を修飾します。

原形不定詞

ここで見る動詞は、目的語のあとにto doでなく動詞の原形をとります。これを原形不定詞とよびます。目的語と原形不定詞の間には、意味のうえで(主語+動詞)の関係があります。

  • I let my sister use my new computer.(私は妹に新しいコンピュータを使わせてやった。)
    =My sister was allowed to use my new computer.

のように

  • let (相手のしたいように)させてやる
  • make(強制的に)させる
  • have(命令して)~させる

の3つを覚えておきましょう。

不定詞の意味上の主語

動名詞(参考【高校英語】動名詞)と同様、不定詞にも、その不定詞の表す行為を行なう(だれかど何か)。 すなわち意味上の主語が存在する。特別の示し方をしない場合 意味上の主語が、不特定の だれでもである場合と,文の主語・目的語 などと一致している場合とがある。

意味上の主語の基本形

It is difficult to play tennis.(テニスをすることは難しいです。)
「~することは、~です」というきに使います。toのあとは原形です。Itは、形式だけの主語で、to以下を指します。

人の性質について評価を与える意味の形容詞に続く不定詞の意味上の主語は、「for~」でなく「of~」となります。

  • It is kind of you to say so. (そういってくれて親切だね。)
    =You are kind to say so.

基本例文

  • It’s good for the health to take exercise. (運動するのは体に良い) (意味上の主語は だれでも)
  • I want to stay here.(私はここにいたい)(意味上の主語 – 文の主語:I stay here の関係)
  • I want him to stay here.(私は彼にここにいてもらいたい)(意味上の主語 – 文の目的語: He stays here の関係)
  • My dream is to study abroad. (私の夢は留学することだ)「意味上の主語は My で示される;I study abroad の関係)

意味上の主語を特に示す場合 (for – 意味上の主語 + to do)

  • It is dangerous for a beginner to swim here.(初心者がここで泳ぐのは危険だ)

意味上の主語を特に示す必要がある場合の、最も一般的な示し方。for ~ を,後ろの不定詞とあわせて「~が…する」と訳すようにする。for – が なければ意味上の主語は、だれでも)。

  • It is dangerous to swim here. ((だれでも)ここで泳ぐのは危険だ)
  • It is important for everything to be ready by Monday.(月曜までにすべてが整っていることが重要なのだ)

ポイント

以上のように仮の主語 it と共に名詞的用法で使われることが多いが、他の用法でも広く使われる。いずれも, (for to do)の形に気づき「~が…する」と訳すことがポイントになる。

  • This is a problem for young people to solve. (これは若い人達が解決すべき問題だ)(形容詞的用法)
  • I’ll open the curtain for you to look out. (君が外を見られるようカーテンを開けてあげよう)(副詞的用法)
  • Let’s wait for the rain to stop.(雨が止むのを待ちましょう)
  • I’m anxious for him to return safe. (彼が無事に戻ることを切望しています)

It is 形容詞 of + 意味上の主語 + to do

  • It was careless of you to miss the bus. (バスに乗り遅れるなんて,君は不注意だったね) –

人の性質について評価を与える意味の形容詞に続く不定詞の意味上の主語は, (for ~ )でなく(of ~)で示される。全体で「…するとは,(意味上 の主語)は形容詞」だ」の意味になる。

  • It is kind of you to help me. (手伝ってくれてありがとう – 手伝ってくれるとは,君は親切だ)
  • It was very wise of her to choose the other one.(もう1つのほうを選ぶとは,彼女はとても賢明でした)

書き換え

文全体の主語を人にした, 書き換えが可能

You are careless to miss the bus.=It was careless of you to miss the bus.

  • [他の形容詞] good, nice(親切な); foolish, silly(愚かな); brave(勇敢な); rude(無礼な); polite(丁寧な), etc.-

省略

it is や to do の部分が省略されることもある。

  • How silly of me! (私はなんてバカなんだろう)

意味上の主語 まとめ

  • It is 形容詞 for A to do:「Aが~することは「形容詞」だ」
  • It is 形容詞 of A to do:「~するとは,Aは「形容詞」だ」

不定詞の重要表現

  • I’m so busy that I can’t travel.(私は、とても忙しいので旅行に行くことができません。)
  • I am so rich that I can a new car.(私は、とてもお金持ちなので、新しい車を買うことができます。)
  • I’m too busy to travel.(私は、とても忙しいので旅行に行くことができません。)=
  • I’m so busy that I can’t travel.
  • I am rich enough to buy a new car.=I am so rich that I can a new car.(私は、とてもお金持ちなので、新しい車を買うことができます。)

独立不定詞

⇒文全体を修飾する慣用句です。

  • to tell the truth, 「本当のことを言うと」
  • to begin with 「まず始めに」
  • to be sure 「確かに」
  • to be frank with you 「率直に言えば」
  • strange to say 「奇妙なことに」
  • so to speak 「いわゆる」
  • to make matters worse 「さらに悪いことに」
  • to say nothing of, not to speak of, not to mention, needless to say,「いうまでもなく」

不定詞の完了形(完了不定詞)

不定詞の完了形(完了不定詞) は、動名詞と同様, 不定詞で表される行為がいつのことであるかをはっきりさせるために 不定詞の単純形と完了形とが使い分けられる。単純形は(to + 動詞の原形)(to do), 完了形は(to have+過去分詞)(to have done)の形になる。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、高校英文法「不定詞の完了形(完了不定詞)」まとめです。

単純形と完了形の表す「時」

<基本文>

  • Ann is said to be their leader.(アンは「現在の彼らの指導者であると(現在)言われている)
  • Ann is said to have been their leader.(アンは,(以前)彼らの指導者であったと(現在)言われている)

単純形 to be は, 時制の基準となる述語動詞 is と同じ「時」のことを表し、完了形 to have been は,述語動詞 is より以前の「時」を表している。

次の書き換えで「時」の関係を確認します。

  • Ann is said to be their leader.= It is said that Ann is their leader.
  • Ann is said to have been their leader. = It is said that Ann was (has been) their leader.

書き換えで、was と has been のどちらになるかは文脈で決まる。

1.Ann was said to be their leader. (アンは「その時彼らの指導者であると「その時)言われていた)
= It was said that Ann was their leader.

2.Ann was said to have been their leader. (アンは「その時」以前)彼らの指導者だったと(その時言われていた)
= It was said that Ann had been their leader.

3.He seems to be ill. (彼は病気であるようだ)
= It seems that he is ill.

4.He seems to have been ill yesterday. (彼は昨日病気だったようだ
= It seems that he was ill yesterday.

5.He seems to have been ill since last weekend. (彼は先週末以来ずっと病気であるようだ)
= It seems that he has been ill since last weekend.

6.He seemed to be ill. (彼は病気であるようだった)
= It seemed that he was ill.

7.He seemed to have been ill. (彼は病気だったようだった)
= It seemed that he had been ill.

8.They were thought to have died many years before. (彼らは何年も前に死んだと思われていた)
= It was thought that they had died many years before.

9.I am sorry to have missed the TV program last night. (私は昨夜そのテレビ番組を見逃してしまって残念だ)
= I am sorry that I missed the TV program last night.

hoped to have done, etc

希望・期待などを表す動詞(hope, expect, mean, intend, etc.)の過去形に完了形の不定詞がつくと、「~したかったが、できなかった」とその希望・期待が実現されなかったことを意味する。

  • I hoped to have met her there. (そこで彼女に会えたらよいと思っていたのですが)
    =I hoped to meet her there, but I couldn’t.

ただし,〈過去完了形 + to doの形の方が好まれる。
=I had hoped to meet her there.

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク