英語の助動詞ポイント

シェアする

スポンサーリンク

【高校英語】助動詞についてです。動詞を料理の素材にたとえると、助動詞は、調味料のような働きをするといえます。調味料が素材の味を豊かにすると同様に、助動詞は、動詞のもつ意味をふくらませます。それでは、【高校英語】助動詞をみていきましょう。

助動詞のポイント

同氏の前に置かれ、動詞に意味を加えます。否定文や疑問文にときに使用するdodoseなども助動詞です。入試やテストでよく出る助動詞の意味や表現をおさえていきましょう。

  • 後に動詞の原形がくる。
  • 3単元のsをつけない。
  • 否定文では、後にnotを置く。
  • 疑問文では、助動詞を文頭へ出す。
スポンサーリンク

助動詞の第1用法

「can」「may」「must」の代表的な用法についてみていきます。

  • 「can」(~することができる)という可能や能力を表します。
  • 「may」(~してもよい)という許可を表します。
  • 「must」(~しなければならない)と義務を表します。
  • 「must not」(~してはならない)という禁止を表します。
  • 「don’t have to」(~する必要はありません)という不必要を表します。(=need not)

助動詞の第2用法

「can」「may」「must」の可能性を推測する用法についてみていきます。

  • 「can」(~ということもありうる)という可能性の推測を表します。
  • 「may」(~かもしれない)という可能性の推測を表します。
  • 「must」(~にちがいない)と断定的な推量を表します。
  • 「can’t」(~のはずがない)
  • 「cannot have 過去分詞」(~だったはずがない)という過去のことの推量
  • 「may have 過去分詞」(~だったかもしれない)という過去のことの推量
  • 「must have 過去分詞」(~だったにちがいない)という過去のことの推量
英語の助動詞の慣用表現まとめ
英語の助動詞の慣用表現をまとめています。たとえば、cannotは「~できない」「~するはずがない」という2つの意味がある。used to V…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る