▶ YouTubeで授業動画配信中

高校英文法「動詞の要点」

スポンサーリンク

自動詞と他動詞

自動詞他動詞

  • 自動詞…目的語をとらない動詞(前置詞はとれる)
  • 他動詞…目的語をとる動詞

自動詞

目的語をとらない動詞なわけですが、自分だけいればできる行為を表す動詞と捉えるとわかりやすいでしょう。
(例文)They left early this morning.

他動詞

目的語をとる動詞なわけですが、自分(主語)以外の他者(目的語)を必要とする動詞と捉えるといいでしょう。
(例文)They left New York early this morning.

スポンサーリンク

文型と動詞

文型並び動詞
第1文型S+V自動詞
第2文型S+V+C自動詞
第3文型S+V+O他動詞
第4文型S+V+O+O他動詞
第5文型S+V+O+C他動詞

learn、climb、readなど多くの動詞は、自動詞、他動詞のどちらにも使われます。すなわち、いくつもの文型で使われるということです。ひとつの文型にしか使えない動詞のほうがはるかに少ないです。あとに続く語句に注意して文型の判断するようにこころがけましょう。

前置詞がいる動詞と前置詞がいらない動詞

さっそく、どちらが正解が選んでみましょう。

「トムは、年上の女性と結婚した」の英文として正しいのはどちら?

  • Tom married with an older girl.
  • Tom married an older girl.

正解は、「Tom married an older girl.」となります。marryは、「結婚する」という意味の動詞で、他動詞となります。つまり、目的語をとるのですが、日本語の「~と」につられてwithなどのような前置詞をつけがちですが、ダメです。

スポンサーリンク

自動詞と他動詞の使い分け

ふつう自動詞として用いるものが他動詞に、他動詞として用いるものが 自動詞になることもある。

fiy:飛ぶ(自動詞)→~を飛ばす(他動詞)

(例文)The children were flying kites.(子供達はたこあげをしていた(たこを飛ばしていた))

work:働く(自動詞)→〜を働かせる(他動詞)

(例文)He works us too hard.(彼は私達をこき使っている(あまりに激しく働かせている))

drink:~を飲む(他動詞)→酒を飲む(自動詞)

(例文)He drinks like a fish.(彼は大酒のみだ魚のように飲む)(cf. drink water(水を飲む))

lend:~を貸す(他動詞)→金を貸す(自動詞)

(例文)I don’t want to lend or borrow. (金を借りるのも貸すのもいやだ)

borrow:借りる(他動詞)→金を借りる(自動詞)

(例文)I don’t want to lend or borrow. (金を借りるのも貸すのもいやだ)

スポンサーリンク

前置詞がいらない重要な動詞

入試などテストに出る前置詞がいらない重要な動詞をピックアップしてみました。

  • approach Fukuoka(福岡に近づく)
  • answer a question(質問に答える)
  • discuss the problem(その質問について話し合う)
  • enter a room(部屋に入る)
  • reach Fukuoka(福岡に到着する)
  • resemble her (彼女に似ている)

前置詞がいる重要な動詞

入試などテストに出る前置詞がいる重要な動詞をピックアップしてみました。

  • agree with him(彼に同意する)
  • apologize to you(あなたに謝る)
  • arrive at Fukuoka(福岡に到着する)
  • complain about the food(食べ物の文句を言う)
スポンサーリンク

紛らわしい単語(動詞の活用形)

foundという語をfindの過去形とばかり思っていると、次のような文を目たとき「過去形にさらに -ed がついている」と思ってしまいかねない。

  • Shigenobu Okuma founded Waseda University.

実は「設立する」の意味の found という動詞があり、上の文の foundedはその過去形なのである。したがって上の文は「大隈重信が早稲田大学を創立した」の意になる。 このような活用のまぎらわしい動詞にはとくに注意が必要である。

findとfound

  • find(見つける) – found-found
  • found(設立する) -founded-founded

lieとlay

  • lie(横たわる) -lay-lain-lying
  • lie(うそをつく) – lied-lied-lying
  • lay(横たえる) – laid-laid-laying

fallとfell

  • fall(落ちる) -fell-fallen
  • fell(切り倒す) – felled-felled

bindとbound

  • bind(結ぶ) -bound-bound
  • bound(はずむ) -bounded-bounded

windとwound

  • wind [waind](巻く) -wound [waund] – Wound
  • wound [warnd](傷つける) -Wounded-wounded

flyとflow

  • fly(飛ぶ) – fiew-flown
  • flow(流れる) – flowed-flowed

hangとhang

  • hang(つるす) -hung-hung
  • hang(絞首刑にする) -hanged-hanged
スポンサーリンク

群動詞

  • We sang for her. (私達は彼女のために歌った)
  • We looked for her. (私達は彼女をさがした)

最初の文は、We sang に for her という修飾語句(副詞句)のついた第1文型の文である。一方、次の文では、 look は「見る」ではないし for 「~のために」の意味で はない。look for という2語で「~をさがす」の意味になっているのである。つまり1つの他動詞のような働きをしているのである。

このように、動詞が他の語と結びついて全体で1つの動詞のような働きをするものを、群動詞または動詞句と呼ぶ。

前置詞を含む群動詞

動詞+前置詞(動詞+名詞/副詞+前置詞)の形のもの。最後に前置詞があるので必ず後に名詞を必要とし、全体で1つの他動詞の働きをする。

動詞+前置詞

  • We called on (= visited) him yesterday evening. (私達はゆうべ彼をたずねた)
  • That boy takes after (= resembles) his father. (あの男の子は父親似だ)
  • U.S.A. stands for the United States of America. (U.S.A. はアメリカ合衆国の意味である/略である)
  • Have you heard from Freddy?!(フレディーから手紙がきましたか/連絡がありましたか)
その他覚えるべきもの

  • account for(~を説明する)
  • ask for (〜を求める)
  • care for(~が好き/~の世話をする)
  • come across (~に出くわす)
  • deal with(~を扱う)
  • get over(~を克服する)
  • hear of (〜のことを耳にする)
  • look after(~ の世話をする)
  • look into(~を調査する)
  • look up ~ in …(~を…で調べる)
  • send for (〜を呼びにやる)
  • speak to (~に話しかける)
  • talk about(~の話をする)
  • wait for (〜を待つ)など。

動詞十名詞十前置詞

  • I will take care of (= look after) the flowers. (私が花の世話をしましょう)
  • Don’t make fun of others.(他人をからかってはいけない)
  • I caught sight of a parade on my way home.(帰り道でパレードを見かけた)
その他覚えるべきもの

  • devote oneself to (~に専念する)
  • find fault with (~の文句を言う),
  • give way to (~に屈する/~に道を譲る)
  • make use of (〜を利用する)
  • pay attention to (~に注意する)
  • take advantage of (〜を利用する),
  • take part in (~に参加する)
  • take pride in (〜を誇りに思う)

動詞十副詞十前置詞

  • We have run out of cream(クリームを使い切ってしまった)
  • You have to put up with all this noise.(君はこのすべての騒音を我慢しなければならない)
その他覚えるべきもの

  • catch up with (~に追いつく)
  • do away with(~を捨てる, 廃止する)、
  • keep up with (~に遅れずについて行く)
  • look down on(~を軽蔑する)
  • look forward to (~を楽しみにする)
  • look up to (~を尊敬する)
  • make up for (〜を埋め合わせる)
  • speak well/ill of (〜をほめる/けなす)

動詞+副詞の形をとる群動詞

(自動詞 +副詞)なら全体も自動詞の働きになるし、(他動詞+副詞)であれば全体も他動詞の働きになる。

自動詞十副詞(自動詞の働き)

  • A war broke out between the two countries. (その2か国の間で戦争が勃発した)
  • He will set out( = start) for China tomorrow.(彼は明日中国へ向けて出発する)
その他覚えるべきもの

  • break down(故障する)
  • come about(起こる)
  • get along(なんとかやっていく)
  • go on(続く)
  • go out(消える,出てゆく)
  • sell out(売り切 れる)
  • sit/stay up(起きている)
  • take of(離陸する)
  • turn up(現れる)

他動詞+副詞(他動詞の働き)

  • I cant make out( = understand) what he says.(私には彼が何を言っているのかわからない)
  • Though they were poor, they brought up seven children.(彼らは貧しかったが, 7人の子供を育てた)
その他覚えるべきもの

  • bring about(~を引き起こす)
  • call of (〜を取り消す)
  • carry out(~を実行する)
  • give up(~を断念する)
  • look up(~を調べる)
  • put away (~をかたづける)
  • put of (〜を延期する)
  • put on(~を着る)
  • take of (~を脱ぐ)
  • turn on([スイッチなど)をつける)
  • see of (〜を見送る)
注意
(他動詞+副詞)の群動詞では、目的語の位置に注意が必要。

  1. 原則〈V+副詞+O)または〈V+0+副詞)
    I called up Tom/I called Tom up.(私はトムに電話した)
  2. Oが代名詞のとき:(V+0(代名詞)+副詞)<
    I called him up. [XI called up him. (彼に電話した)
  3. Oが長いとき:〈V+副詞+長いO)
    I called up an old friend of mine in Paris. (パリの旧友に電話した)
    (バツ I called an old friend of mine in Paris up.)
スポンサーリンク

知覚動詞

see 「見る」、hear 「聞く」、 feel 「感じる」などの動詞を知覚動詞という。これらの動詞は以下のパターンを抑えておくことが大事です。

  • 動詞+目的語+do (訳)~するのを【動詞】 (例文)We saw her cross the street. 私たちは彼女が通りを渡るのを見た
  • 動詞+目的語+doing(訳)~しているのを【動詞】 (例文)We saw her crossing the street. 私たちは彼女が通りを渡っているのを見た
  • 動詞+目的語+done(訳)~されるのを【動詞】 (例文)I heard my name called 私は自分の名前が呼ばれるのが聞こえた

<発展>

英語
スポンサーリンク
シェアする
TEKIBO

コメント

テキストのコピーはできません。