【高校倫理】エラスムスとは?

シェアする

スポンサーリンク

エラスムス

ネーデルランドの人文学者エラスムス (1466年から1536年没)は、痴愚神礼讃の著書の中で、聖職者・神学者、王侯貴族などの愚かしさや腐敗・堕落を痛烈に批判した。ルターは、エラスムスと戦い自由意志文書定し、卵も神から与えられる恩寵と考え、個人が神と直接つながる「万人司際説」「聖書中心主義」「信仰義認説」を展開した。

【高校倫理】宗教改革とは?
【高校倫理11】宗教改革について記述しています。宗教改革は、1517年、ドイツ人のルターは免罪符の販売に抗議して、「95か条の意見書(論題)…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る