2020年度から新大学入試「英語はこう変わる!」いまさら聞けない内容を説明

シェアする

2020年度(2021年1月に実施される)から新大学入試がスタートします。センター試験が廃止され、「大学入学共通テスト」が新たにスタートしますが、何がどう変わるのかいまいちつかめていない方も多くいるのではないでしょうか。特に、英語の受験方法がどう変わるのかわからないといいう方も多いのではないでしょうか。今日は、そんないまさら人に聞けない内容まで分かりやすく説明します。

新大学入試での英語の変更点

2020年度(2021年1月実施)からスタートする新大学入試の英語では、従来の「読む」「聞く」の2技能の評価に加え、新たに「書く」「話す」も含めた「4技能」で評価が下されるようになります。

ここまでは、何回も聞いたことが方が多いのではないでしょうか。では、実際にどのような入試形態になり、何をいつ受験すればよいのかわかる方はどれほどいるでしょうか。いろんな情報が日々更新され、最終的にどのような方法で英語の評価が行われるのか混乱される方が多いのが実情ではないでしょうか。今日は、この点を詳しく説明します。

スポンサーリンク

大学入学共通テストと民間の資格・検定試験の両方を受験

新大学入試の英語

2020年度から23年度にかけては「大学入学共通テストの英語」、民間の資格・検定試験の両方が用意され、各大学でいずれかまたは双方を利用できることとなっています。2024年度からは民間の資格・検定試験の運用で1本化されるように決まっています。

新大学入試の英語では、センター試験を実施してきた大学入試センターが作成した「大学入学共通テスト」の英語の試験を2021年1月中旬に、現役生は高校3年生の4月~12月に民間の資格・検定試験(2回まで可)を受験することになります。

大学入学共通テストでは「読む(リーディング)」と「聞く(リスニング)」の主に2技能が評価され、民間の資格・検定試験では「書く(ライテイング)」「話す(スピーキング)」も含めた4技能が総合的に評価されることになります。

センター試験と大学入学共通テストの英語はどう違う?

2018年に実施されたプレテストや各予備校の動向を見てみると、これまで実施されてきたセンター試験に比べて難易度が高くなることは必至のようです。

センター試験では定番だった発音、アクセント、語句整序などの出題がなくなり、リーディングでは、図表やグラフなどの情報を読み取る能力や、日常で生活で登場する契約書などの資料を使った問題が出題されるようになっています。

選択問題でも、従来と異なり「当てはまるものをすべて選べ」「選択肢は2回つかっても構わない」などの、より思考力・判断力が問われる出題形式に変更されています。この変更点だけでも平均点はかなり下がると予想されます。また、リーディングの設問文も日本語から英語に変更されていたりと、難しく感じた生徒も多くみられました。

リスニングでは、聞き取った内容から文法を問う問題も出題されたり、日常的なシーンを設問に用いることで、普段の生活でどのように英語を運用するかを測っています。

今後は、教科をまたがるような出題が見られたり、なぜそう考えたのか理由を問われたり、より高度化した問題が出題されることが予想されています。

民間の資格・検定試験はどれを受験?

民間で実施している英語の4技能「聞く、話す、読む、書く」のすべての力を評価するテストのことで様々な種類のものがありますが、2018年3月26日に新共通テストで採用される民間の英語資格・検定試験が発表されました。対象となる資格・検定試験は次の8つです。

  • ケンブリッジ英語検定
  • TOEFL iBTテスト
  • IELTS
  • TOEIC Listening & Reading TestおよびTOEIC Speaking & Writing Tests
  • GTEC
  • TEAP
  • TEAP CBT
  • 英検(1日完結型、公開会場実施、4技能CBT)

最も受験者数が多くなるのが、一番日本で活用されているのおなじみの「英検」です。その他にも高校3年生を対象とした大学入試を想定して開発された「TEAP」、国際通用性の高い英語能力認定試験「Cambridge English(ケンブリッジ英検)」、ベネッセが開発した英語4技能検定「GTEC 」、海外留学や研修のために英語力を証明する4技能検定「IELTS(アイエルツ)」、英語を母国語としない人々の英語力を測るテスト「TOEFL iBT」、アメリカの世界最大の非営利テスト開発機関が作成している「TOEIC LR」「TOEIC SW」などです。

各大学が入試に活用

大学入試にも積極的に取り入れられています。現段階では、ほとんどの大学が民間の英語4技能試験を活用することになりそうです。

どのように大学入試に活用するのかといえば、各大学が指定する英語4技能試験で、大学が定めるスコアをクリアすれば、英語の試験が免除されたり、センター英語や2次試験の英語の点数を満点とみなしたり、一定の点数を加点したりする入試方式があります。

都立高校や府立高校でも活用

東京の都立高校や、大阪の府立高校の入試にも英語4技能試験の活用が始まっています。

大阪の府立高校の入試では、TOEFL iBT・IELTS・英検のスコア等が平成29年度の入試から活用されます。都立高校の入試でも英検やTEAP等の活用が検討されています。

英語の4技能を評価の対象に入れるためには、事務手続きや採点・評価で多くの負担が発生します。いっそのこと、外部の民間の英語4技能試験を活用したほうが手っ取り早いということです。

中学3年生全員が学力調査で英語4技能を評価される

文科省は、2019年度から3年に1度、全国の全中学3年生を対象に英語の4技能「聞く、話す、読む、書く」を全国学力調査で実施する案を発表しています。

「読む、聞く」は現在の学力調査でも実施されていますが、今回新たに「話す、書く」が調査に加わることになりそうです。

スピーキングは、英検と同じように面接官と対話する形で実施され、ライティングは、自分の考えや気持ちなどを30語程度で書く問題が検討されているようです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る