高校英文法「冠詞の基礎用法ポイント」

シェアする

スポンサーリンク

高校英文法「不定冠詞」基礎的用法をおさえる!についてまとめています。冠詞の用法も基本が大切で、a,an,theを冠詞と呼ぶ。a,anは不定冠詞、theは定冠詞と呼ばれる。冠詞は形容詞の一種は、名詞の前に置かれてその名詞を修飾する。定冠詞と不定冠詞は、どちらを使うのが正しいのか迷うことが多いが、一般にのどちらを使うのか、あるいは冠詞はつけないのか、迷うここは、それぞれの冠詞の用いられる意味を把握すれば、どれを使うべきか判断できる。したがって、まず基本的な用法をしっかり理解することが大切である。

冠詞

スポンサーリンク

aとanの区別

  • a:子音で始まる語の前(例)a cat, a tree,a year
  • an:母音で始まる語の前(例)an apple,an uncle,an ear

次のような場合、つづりに惑わされないように注意。

  • an honest man
  • a university

a/anをつけられる名詞

  • 数えられる名詞の単数形
  • 普通名詞扱いされた数えられない名詞の単数形

のときa/anをつけられます。

数えられる名詞の単数形

これが一番の基本である。名詞に形容詞などがついて離れていても、数えられる名詞の単数形であればa/anをつける。

  • a box、a big box、an empty、beautiful bor(空のきれいな箱)など
  • X a cold coater (数えられない名詞)

普通名詞扱いされた数えられない名詞の単数形

  1. 種類。製品などの特別な意味を表す場合(例)an Italian Wine(イタリア産のワインのひとつ),a Ford(フォード(製) 車),a Mr, Baker(ベーカーさんという人)など。
  2. 修飾語句がついて具体的な事例を表す場合 (例)A knowledge of English will help you a lot when you travel (外国旅行をする時には英語の知識が大いに役立つだろう)

a/anの意味と用法

<例文>

  • I waited for an hour, but he didn’t appear.(私は1時間待ったが, 彼は現われなかった)
  • Once there lived an old man in a village.(その昔、ある村にある老人が住んでいた)
  • He goes to juku three days a week.(彼は週に3日塾に行く)
  • A cat can see in the dark.(猫(というもの)は暗い所で目が見える)

ひとつの(=one)

一番基本となる意味である。他の意味はこれの延長と考えてよい。I bought a dozen pencils today. (私はきょう鉛筆を1ダース買った)

あるひとつの(=a certain)

oneの意味が弱くなり、漠然と「ある~」という意味を表す。初めて話題を出すために、老人と言ってもどの老人なのか相手にはわからないような、不特定の名詞につける場合に多い。訳さなくてもよい。

  • I know a baseball player. (私はある野球選手を知っている)
  • Look! There’s a bird in that tree! (ほら、あの木に小鳥がいる!)

参考「あるひとつの」の意味が強くなったものである。He is right in a scense. (彼はある意味では正しい)

~というもの(=any)

例文は、猫のどれか1匹を取り出して猫全体を代表させ、「暗い所で目が見える」という、猫が共通に持っている性質を表している。このように、ある種族・種類に共通する性質や要素を表す言い方で、「どの~も(=any~)」といった意味になる。

  • (例文)An elephant has a long nose and two tusks.(象は長い鼻と2本のきばを持っている)

参考of a/an ~の形で「同一の(= the same)」という意味を表すことがある。古い言い方で、現在ではことわざなどの慣用的な表現で用いられるだけである。

  • Birds of a feather lock together.(同じ羽の鳥は群がる→類は友を呼ぶ)
  • All those people are of an age.(あの人たちは皆同じ年だ)

a/anを用いた慣用表現

anを含む成句にはfor a while, in a sense, at a distanceの他に次のようなものがある。

  • all of a sudden(突然)
  • as a rule(たいてい)
  • at a loss(途方に暮れて)
  • come to an end(終わる)
  • for a time(しばらく)
  • in a hurry(急いで)
  • once in a while(時おり)

英文法 あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る