【現代社会】戦後の日本政党史の要点

シェアする

スポンサーリンク

【現代社会】戦後の日本政党史の要点についてまとめています。

戦後の日本政党史

戦後の政党政治は、自民党と社会党を中心に機能していた。

自民党…米国の意向を排した自主憲法を制定し日本を再軍備 したい
社会党…そうはさせまいと考える

1955年以降が、戦後政治の中心的な枠組みとなっていました、。この自民・社会の二大政党制に近い形を「55年体制」と呼んでいます。この時代の特徴は、自民党が与党で、社会党が野党第一党でした。こうなると、政治は安定してくる。変化がないからです。1960~70年代にかけて、新政党が増えたため、一時的に不安定になりましたが、長い目で見れば、あまり変化のない時代でした。

スポンサーリンク

政治の腐敗

この場合の安定は、「自民党の政策がずっと続く」ことです。そうなると政治も腐敗してくてきます。この時代には金権政治も拡大し、1980年代には国民の政治不信も高まった。しかしながら、何回選挙をやっても、圧力団体の組織票を持つ自民の天下は崩れない。国民はだんだん選挙に対する関心を失い、投票率は低下していきました。

天気

この流れに終止符を打ったのは、国民ではなく議員でした。自民党の腐敗政治に、党内の若手議員が反乱を起こしました。1993年、自民党期待の若手・小沢一郎を中心に大量の議員が自民党を離党し新党を結成。これで自民党は衆議院で過半数を割り込み、宮沢喜一内閣の不信任が可決された。その後の選挙でも自民は敗れ、非自民の細川連立政権が誕生した。これが55年体制の終焉だ。

その後

自民党は、細川・羽田と非自民政権が人気をなくしていくなか、だれもが驚く大連立をやってのけました。宿敵・社会党と連立します。こうして1994年には村山連立内閣が誕生し、自民党は念願の政権与党に復帰。この後、自民党が政権を譲ることはない。2019年現在、自民・公明の2党で、安倍連立内閣を支えている。

まとめ

第二次世界大戦に日本自由党結成した鳩山一郎は、一時公職を追放されるが政界復帰を果たし、吉田茂に代わり1954年に首相に就任した。1955年に日本民主党と自由とが合同して自由民主党が結成された(保守合同)。初代総裁には、鳩山一郎が就任した。同じく1955年、社会党も再統一され、第1党に自由民主党、第2党日本社会党という55年体制と呼ばれる政治体制が生まれた。1964年には公明党形成された。自由民主党と社会党の二大政党を中心とした保守・革新の対立は93年の細川内閣成立まで続いた。

現代社会の復習

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク