【現代社会】平和主義と自衛隊の要点

シェアする

スポンサーリンク

【現代社会】平和主義と自衛隊についてまとめています。

平和主義

憲法上の平和主義の規定

<前文>

  • 「日本国民は~平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して われらの安全と生存を保持しようと決意した」(=国際協調主義)
  • 「われらは、全世界の国民が,ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」(=平和的生存権)

<9条>

  • <第1項>日本国民は、正義と序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
  • <第2項>前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

平和主義は9条だけでなく、前文にもその理念は示されている。唯一「国権の発動」以外の戦争、つまり自衛戦争なら憲法上OKとされるが、それにしても戦力の保持できず、素手で戦うしかないありません。

スポンサーリンク

日本の再軍備への歩み

非武装→朝鮮戦争 (1950) →警察予備隊→日米安全保障条約(1952)→保安隊(1952)→自衛隊(1954)

  • 1950 朝鮮戦争勃発/警察予備隊創設
  • 1951 日米安全保障条約に調印
  • 1952 保安隊に改組
  • 1954 防衛庁設置、自衛隊発足
  • 1960 新安保条約に調印
  • 1972 沖縄返還
  • 1991 ペルシャ湾ヘ掃海艇派遣
  • 1992 国際PKO協力法成立
  • 1997 日米の防衛協力のための指針決定
  • 2001 テロ対策特別措置法成立
  • 2007 防衛庁が防衛省に昇格
  • 2015 安全保障関連法案が成立

憲法9条と自衛隊 憲法解釈

  • 学会…自衛戦争は憲法上OKだが, 9条には「戦力不保持」もある。結局自衛隊は9条違反である(公法研究者の70%、『法律時報』より)
  • 政府…自衛隊は自衛のための必要最小限の「実力」にすぎない。「実力」は戦力とは別物なので合憲。(1972年・田中内閣より)
  • 国民…自衛隊は憲法9条に違反する組織だと思う。 しかしその存在の必要性は高まってきている。(1997年・新聞世論調査の54%〉

現代社会の学習

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク