【高校倫理】ヒンドゥー教とは?

シェアする

スポンサーリンク

ヒンドゥー教

ヒンドゥー教は、バラモン教から聖典やカースト制を引き継ぎ、土着の神々を吸収してきた多神教である。中心となるブラフマー(宇宙創造の神)とヴィシュヌ(世界維持の神)とシヴァ(世界破壊の神)は三神一体とされた。

また、シャイナ教徒だけでなく不殺生を旨とすることから菜食主義の人が多いし、生(水牛は崇拝の対象でない)は聖獣として絶対に食べない。グプタ朝のチャンドラグプタ2世(即位376年から414年)の頃、叙事詩「マハーバーラタ」「ラーヤナ」がまとめられ、ヒンドゥー教の隆盛期であった。

【高校倫理】世界三大宗教とは?
宗教とは、「信仰」と「救済」が重要といわれる。英語の「宗教(Religion)」は、「再び(神と人を)結びつける」いう意味がある。 世界三…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る