【高校倫理】法然の教えとは?

シェアする

スポンサーリンク

法然

浄土宗の開祖である法然(1133年から1212年没・源空)は、平安時代末期の「末法思想」の不安が広がる中で、凡夫であってもすべての人は念仏(南無阿弥陀仏)を称える(口称念仏)だけで極楽浄土へ往生できる、という「専修念仏(せんじゅねんぶつ)」を説き、民衆の支持を広げていった。浄土教(浄土思想、浄土宗・浄土真宗・時宗を含む)との違いは、ひたすら念仏を称える易行だけを正行としたことである。

【高校倫理】鎌倉仏教とは?
鎌倉仏教 鎌倉仏教は、比叡山に集まった修行僧たちの中から、新しい時代に適した仏教の姿を探求する動きから生まれました。末法思想とは、釈迦入滅…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る