護憲運動とは(日本史大正時代)

シェアする

スポンサーリンク

日本の大正時代には、第一次護憲運動と第二次護憲運動が勃発します。読んで字のごとく、憲法を擁護する運動です。その第一次護憲運動と第二次護憲運動について、詳しくみていきます。

第一次護憲運動

尾崎幸雄、犬養毅らは、「閥族打破・憲政擁護」をスローガンに第一次護憲運動を展開第一次世界大戦直前には、シーメンス事件の発覚により、世論の批判を受けて、第一次山本権兵衛内閣が総辞職。また、軍拡予算に対して、負担の軽減を求める廃税運動も展開されていました。貿易収支の大幅な赤字も続き、国際収支は危機的な状況でありました。この第一次護憲運動後には、1913年に桂太郎内閣が辞職する大正政変もおこりました。

スポンサーリンク

シーメンス事件

ドイツのシーメンス社が日本海軍高官へ賄賂を渡していたという事件

大正政変

1913年2月、数万の群衆が議事堂を取り巻く中で、第3次桂内閣は50日余りで退陣。この一連の政治変革を大正政変という。

第二次護憲運動

清浦奎吾が内閣総理大臣だったとき、その内閣のメンバーが陸・海軍の大臣を除いた全員が貴族で構成され非立憲的だったため、1924年に衆議院が異議を唱えた運動。その後、護憲三派(政友会、憲政会、革新倶楽部)の三党による連立内閣が成立。総理大臣は、加藤高明。1925年に、普通選挙法治安維持法が成立します。

治安維持法

共産主義の活動などを取り締まる法律。普通選挙法の制定、日ソ基本条約の調印などとともに制定された。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る