石井・ランシング協定とは?(日本史大正時代)

シェアする

スポンサーリンク

石井・ランシング協定とは?(日本史大正時代)についてまとめています。大正時代の外交において、ポイントなる交渉の1つとなったのが、石井・ランシング協定です。これは、日本の中国を巡る権益などの協定となります。その石井・ランシング協定についてまとめています。

石井・ランシング協定

日本の満州市場独占と中国進出にアメリカは不満をもつようになり、日本は特派大使石井菊次郎を送り国務長官と妥協点を探しあいました。その結果、アメリカは、中国国内の日本の特権益を、日本は、ジョン=ヘイの3原則を認める構文を交換しました。これを石井・ランシング協定といいます。これにより、アメリカはヨーロッパ戦線に全力を傾けることが可能となりました。

スポンサーリンク

ジョン=ヘイの3原則

  1. 門戸開放…日本は中国独占禁止。
  2. 機会均等…中国貿易は今までの列強にかたよらず、どの国とも対等に貿易が可能。
  3. 領土保全…中国の植民地化は反対
【大学受験・日本史】大正時代(社会運動・デモクラシー・文化など)のまとめ
大正時代についてまとめています。大正時代に関して、戦争、社会運動、文化などについてまとめています。この時代は、いろいろ言論に制約がありながら…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る