岩槻礼次郎内閣

シェアする

スポンサーリンク

岩槻礼次郎内閣

  • 1926年憲政会を与党とし第1次内閣をつくったが、台湾銀行救済問題で退陣。
  • 立憲民政党を与党として、第2次の内閣をつくったが、満州事変を収拾できず総辞職し、犬養毅内閣とかわった。
スポンサーリンク

憲政会

1916年10月10日,藩閥官僚政治に対抗して政党政治を確立しようと、立憲同志会・中正会・公友倶楽部の一部が合同して結成。同志会の加藤高明が初代総裁。尾崎行雄、高田早苗、浜口雄幸、若槻礼次郎らが加わった。

立憲民政党

立憲政友会と並ぶ昭和初期の大政党。憲政会と立憲政友会から分裂した政友本党とが合同して 1927年6月1日結党した。総裁に浜口雄幸,顧問に若槻礼次郎、武富時、山本達雄らが就任。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る