tillとbyの違いと用法のポイント

シェアする

スポンサーリンク

tillとbyの違いと用法のポイントについてまとめています。tillもbyも「~まで」という意味の前置詞ですが、日本語の訳が同じだけで、表す内容は変わって変わってきます。

tillとby

  • till…untilと書き換えることができ、「~まで(ずっと…している)」という、その時点までの継続を表す
  • by…「~まで(に…してしまう)」という、その時点までに動作が完了する

といった具合に使い分けます。

till(until)は、接続詞としても使うことができ、その場合には、till(until)S+Vとなります。また、byは接続詞として使うことができず、by the time S+Vという形になります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る