改新の詔(高校日本史)

シェアする

スポンサーリンク

改新の詔

646年の正月に出された、4か条からなる政治の基本方針。

  1. 私地私地をやめて公地公民とする。
  2. 地方行政区画を定め中央集権体制をとる。
  3. 戸籍・計帳をつくる、班田収授法を行う。
  4. 統一的税制を行う。

改新の詔では京・畿内や地方の行政制度や中央集権的な交通・軍事の制度、新たな租税制度を定めている。日本海側の蝦夷支配の拠点として、淳足綱・緊舟欄が設けられた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る