鎌倉文化

シェアする

スポンサーリンク

鎌倉文化

鎌倉時代の文化は、公家支配の伝統がのこるなかに武士が力を強めていくという時代性を反映して、優雅な貴族文化が継承される一方で、武士・庶民たちに支持された素朴だが、新しい文化が成長するという性格をもっていた。西国では源平の争乱後、荘園や都市の復興のきざしがみられ、伝統的な公家文化にもあらたな息吹が生じた。その代表が後鳥羽上皇が苦心して編集した「新古今和歌集である。新古今和歌集には言外に奥ふかい気分をただよわせた幽玄という新境地がみえ 西行・鴨長明・藤原定家らの歌がおさめられている。

  • 新古今和歌集…後鳥羽上皇の命により、藤原定家らが編集した和歌集
  • 金剛力士像…東大寺南大門にある運慶・快慶作の彫刻
  • 重源…東大寺の再建事業への協力を求めるため、広く募財活動を行った。宋の陳和卿の協力を受けて、東大寺の復興を行った。
  • 東大寺南大門…源平の争乱による焼き打ちによって焼失した寺の再建の一環として建立された。
  • 蒙古襲来絵詞(絵巻)…元軍に立ち向かう騎馬武者の姿が描かれている。
  • 平治物語絵巻…12世紀半ばの平清盛と源義朝の対立である平治の乱を題材とした。

<鎌倉新仏教>

【高校倫理】鎌倉仏教とは?
鎌倉仏教 鎌倉仏教は、比叡山に集まった修行僧たちの中から、新しい時代に適した仏教の姿を探求する動きから生まれました。末法思想とは、釈迦入滅…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る