関係代名詞whatの用法のポイント

シェアする

スポンサーリンク

高校英文法「関係代名詞what」ポイントについてまとめています。関係代名詞のwhatの中には、先行詞が含まれていて、「~のもの」「~のこと」という意味になり、the thing(s) which~と書き換えもできることが最初のポイントです。

関係代名詞what

whatは、主格としても、目的格としても使うことができます。

  • 主格としての場合…直後に動詞がきます。what+動詞で「~するもの」という意味になり、全体で名詞の働きをします。
  • 目的格としての場合…what+主語+動詞のように、直後に目的語の抜けた不完全な文がきます。
スポンサーリンク

名詞節を作る関係代名詞what

<基本例文>

  • I believe what is written in her letter.(私は彼女の手紙に書かれていることを信じる)
  • What the newspapers say is true. (新聞が書いていることは本当だ)

関係代名詞whatは「~すること(もの)」(the thing) whichの意味を表し、それ自体で先行詞の働きを兼ねている。したがって、who which、thatが形容詞節を作ったのに対し、whatは名詞節を作る。

補語や前置詞になる関係代名詞what

what節は主語、目的語の他に、補語や前置詞の目的語にもなる。

  • (補語)This is what I’ve long wanted.(これは私が長い間ほしかったものだ)
  • (前置詞の目的語)I was thinking about what she had said to me.(私は彼女が私に言ったことについて考えていた)

about what

I was thinking about what she had said to me.

のabout whatは、前置詞aboutに名調節whatがつづくになっている。
次の例では、about which全体が形容詞節としてひとまとまりになってquestionを修飾している点に注意。

  • the question about which I was thinking(私が考えていた疑問)(I was thinking about which の関係)

whatそのものにかかる前置詞は、次の例のように必ず後置される。

  • That is just what I was thinking about.(それはちょうど私が考えていたことだ) (thinking about what の関係)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る