【高校地理】北アメリカ州の自然・気候と地形

シェアする

スポンサーリンク

【高校地理】北アメリカ州の自然・気候と地形についてまとめています。

北アメリカ州の自然

北アメリカ州

北アメリカの主な自然と都市

独立戦争発生地のニューイングランド6州を含めて、独立宣言に参加した13州に始まり、独立時にイギリスから得たアパラチア山脈の西、ミシシッピ川の東岸まで、ついでフランスがら購入した中西部のプレリーの大平原へと開拓者の西漸運動は開拓前線(フロンティア)を西に押しやった。

  • 独立戦争…北アメリカのイギリス植民地の人々が独立を達成。1775年植民地の人々がイギリス本国による新しい税と弾圧に抗議して戦いを始める。独立宣言を1760年6年に発表。

カリフォルニアのゴールドラッシュを契機に, フ ロンティアは乾燥した西部とロッキー山脈を越えて太平洋岸に 達した。また, メキシコやスペインから領土を得て, ロシアか ら購入したアラスカや, 太平洋のハワイ諸島を編入した。こう して、太平洋と大西洋とにまたがる大陸国家になったのである。

スポンサーリンク

北アメリカの気候

気候は、アラスカの北極海に面する氷雪気候とツンドラ気候。それに続くタイガの冷帯気候、大陸の東半分を占める温帯湿潤気候と太平洋岸の地中海性気候とを含めた温帯気候, 西部のステップ気候から砂漠気候をおおう乾燥気候。そしてフロリダ半 島の熱帯気候に属するサバンナ気候やハワイ諸島の熱帯雨林気候と多様で、ほぼすべての気候類型を持っている。それだけに、メキシコ湾から北上する台風、逆にカナダから南下する寒気は 苛烈なものである。

  • 北部…アラスカとカナダのほとんどは寒帯と冷帯。ツンドラとタイガとよばれる針葉樹林が広がる。
  • 南東部と西部の太平洋岸…温帯が広がる。
  • 中央部・西部…乾燥帯の砂漠気候。ステップ気候。
  • フロリダ半島・ハワイ諸島…熱帯。

北アメリカの地形

環太平洋造山帯に属するロッキー山脈から西では地震が頻発し、ハワイも火山島ではあるが、東側の五大湖地方はカナダのローレンシア台地に続き安定陸塊である。

  • 安定陸塊…先カンブリア紀の造山運動を経て、それ以後は激しい地殻変動を受けることなく、安定している地域で、楯状地と卓状地とに分けられます。

北アメリカの地下資源

地質構造の多様性と単純さは、豊かな多様な地下資源を大量に用意してくれている。メサビの鉄鉱山、ビュートの銅山など、さまざまな金属資源に加えて、アパラチア炭田などやメキシコ湾岸油田などのエネルギー源が各地に点在して、アメリカの重化学工業化を支えている。また、これらの原材料を世界中から輸入して国内資源の枯渇を先送りしつつ、一人当たりエネルギー消費量で世界一の経済力を維持している。とりわけ、多国籍企業のメジャーを通じて石油の世界支配を続けている。

  • コングロマリット…合併・買収(M&A)を繰り返し、多数の異業種合併によって生まれる複合企業が見られる。
  • 多国籍企業…複数国に生産・流通・販売拠点をもち,世界的規模で経営を行う。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク