【高校倫理】孔子の思想とは?

シェアする

スポンサーリンク

孔子

孔子(前551年から前479年没・魯の人・名は丘)は、

  • 儒家の祖
  • 言行録は『論語(全20篇)』
  • 儒教の四書(「大学」「論語」「孟子」「中庸」)の一つとして、朱憲(朱子・南宋の思想家)が重要視
孔子の教え
孔子は「朝」に道を聞かば、夕(ゆうべ)に死すとも可なり」(「里仁」篇)と「道(生き方・人倫)」への情熱を語っている。その「道」とは、「仁(礼の心)」であり、「礼(仁の形)」であった。「仁」の本質を「想(おもいやり)」として「己所」 不欲、勿施於人(己の欲せざる所は、人に施すなかれ)」(顔淵篇)と説き、礼の本質を「克己復礼為仁(己に克ちて礼にかえるを仁と為す)」(顔淵篇)と説いている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る