戦時中の成立した4つの法令は?(日本史)

シェアする

スポンサーリンク

戦時中の4つの法令

  • 国家総動員法…日中戦争の拡大とともに 1938年に制定された戦時法規。この法律は戦時に際し、「国防目的達成」のため,あらゆる「人的」および「物的資源」を「統制運用スル」大幅な権限を政府に与えたもの(議会の承認なし)で、一種の白紙委任状にも等しい授権法。
  • 国民徴用令…1939年、一般国民を軍需産業に動員することができる勅令。
  • 価格等統制令…1939年、価格を据え置いて値上げを禁止し、公定価格制を導入する勅令。
  • 七・七禁令…ぜいたく品の製造・販売が禁止。
近衛文麿のやったこと
近衛文麿内閣の政策などのまとめです。さまざまな運動、それに対してのスローガンを掲げ、政権を運営していきます首相でした。それでは、【大学受験・…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る