仮定法過去のポイント

シェアする

スポンサーリンク

仮定法過去のポイントについてまとめています。仮定法は、仮定法過去は、現在の事実に反する仮定を表す場合につかいます。もちろん、仮定法なので、現実にはあり得ないような想像上の物事を言い表します。

仮定法過去

現在の事実に反する仮定

  • 語順:If+主語+動詞の過去形,主語+過去形の助動詞(would,could,mightなど)+動詞の原形
➊if節の動詞は、過去形
➋主節にして過去形の助動詞

<例文>
If I were younger, I would go abroad again. (もし私が若かったら、もう一度海外に行くだろう)

仮定法過去完了のポイント
仮定法過去完了についてまとめています。仮定法過去完了は、過去の事実に反する仮定を表す場合に使用します。仮定法過去同様に、現実にはあり得ないよ…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

トップへ戻る