明治十四年の政変

シェアする

スポンサーリンク

明治十四年の政変

1881年に、開拓使官有物払下げ事件に対する世論の動きに関係したとされる大隈重信を罷免し、10年以内の国会開設を公約した一連の政治の動き。

大隈重信は政府から追放されます。自由党は、立志社や愛国社の流れをくむグループを中心に結成され、フランス流の政治を目指し、板垣退助を党首としました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る