民選議員設立の建白書

シェアする

スポンサーリンク

民選議員設立の建白書

1874年に、政府の在り方を有司専制と非難し、国会の開設を要求した意見書。政府の左院に提出。この意見者は、イギリス人のブラックの発行する「日新真事誌」に掲載され反響をよび、自由民権運動の口火となった。

その後、板垣退助が土佐で立志社を結成。これを機に、愛国社なども設立されるなど、自由民権運動が全国に拡大していきます。一方で政府は立憲政体樹立の詔を出し、立憲政治への移行を図りました。自由民権運動の全国組織が「国会期成同盟」です。自由民権運動に対して、政府は、保安条例を出して、民権運動家らを東京から追放しました。三大事件運動では、地租軽減、言論集会の自由、外交失策の回復などの主張が展開されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る