【高校倫理】孟子の思想とは?

シェアする

スポンサーリンク

孟子

孟子(前372年?から前289年没) は、戦国時代の儒学者で、儒家思想の1つで、孔子の「仁」を「仁義」と発展させて、「王道政治(軍事力による「覇道」でない政治)」を説いた。

  • 義とは、人として踏む正しい道であり、この義でなければ「浩然の家 (道徳的エネルギー)」は発揮されない。
  • 人は生まれながら善であるという「性善説」の立場
  • 誰の心にも「四端(芽生え)」の「側隠の心→仁」「震悪の心→義」「辞譲のル→礼」「是非の心→智」があり成長」て「四徳(仁義礼智)」となると説いた。

前漢の董仲舒が「信」を加え「五常」とし、「父子親あり、君臣差あり、婦別あり長幼序あり、朋友信あり」(『孟子』)の「五備」とともに「五倫五常」の道徳といわれる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る