高校英文法「無冠詞」の注意ポイント!

シェアする

高校英文法「無冠詞」の注意ポイント!についてまとめています。

無冠詞の用法

数えられる名詞の単数形でも,冠詞をつけずに用いる場合がある。ここではその用法を見ていきます。

<基本文>

  • Do you go to school on Saturday? (土曜日は学校がありますか)
  • They elected Mr. Smith chairman. (彼らはスミス氏を議長に選んだ)
  • Where is your mother, boy? (ぼうや。 お母さんはどこだい)
  • Please send this parcel by sea. (この小包を船便で送って下さい)
スポンサーリンク

建物などが,そこで行なわれる行為などを表す場合

go to school は「授業を受けに行く」といった意味で, school は単な る建物としてでなく,そこで行なわれる行為の象徴として使われている。

  • go to church(教会に「礼拝に行く)
  • go to bed (寝る)
  • be in bed(就寝中)
  • be at table(食事中)

など

地位・身分を表す語が補語になる場合

  • (目的格補語)They elected Mr. Smith chairman.
  • (主格補語) Reagan became President of the United States in 1981. (レーガンは1981年に合衆国の大統領になった)

注意これはその役職が1人だけの場合に用いることが多く,次のように複数のうちの1人という場合は補語でも a/an をつける。

  • He became a Nember of Congrest (彼は国会議員になった) ※肩書きとして名前の前に置かれる場合にも冠詞をつけない。
  • Doctor Hal advised Professor Jones not to smoke. (ハル医師はジョーンズ教授にタバコをすわないように忠告した)
  • Uncle Tom is any mothers brother. (トムおじさんは母の弟だ。 名前の後に同格語として置かれる場合も武詞をつけないことがある。 Charles, the Prince of Wales(英国皇太子チャールズ)

呼びかけ語の場合

Aunt, this is Tom.(おばさん, こちらはトム君です)

輸送手段, 通信手段を表す(by 十名詞)

by train(列車で), by bus(バスで), by bicycle(自転車で): by telephone(電話で), by facsimile(ファックスで)など。 ) on foot (徒歩で), on therseback(馬で)などは on を用いる。

対句の慣用表現

  • The couple sat side by side. (2人は並んで座っていた)
  • John and Mary soon became husband and wife.(ジョンとリリーはまもなく夫になった )

その他、次のようなものがある。

  • face to face(南かいあって)
  • an in arm(腕をつないで)
  • hand in hand 手をつないで)
  • night and day / day and night(昼夜),
  • day after day(来る日も来る日も)
  • fron morning to night(朝から除まで)など。

その他の慣用表現

  • by accident / by chance(偶然に)
  • in fact(実際は)
  • at hand(近くに)
  • take place(起こる)
  • take part in(参加する)

なと。

注意すべき無冠詞名詞

食事,遊戯, スポーツを表す名詞

  • Dinner is ready, Father.(お父さん,晩ごはんですよ)
  • Shall we play chess, or go out and play catch?(チェスをしようか、それとも外でキャッチボールをしようか)

参考食事の名は,修飾語句がつくと冠詞をつける。
a late breakfast(遅い朝食), the lunch we had today(今日とった昼食)

誤りやすい名詞

次の語は数えられない名詞なので, a/an をつけないように注意。 advice(助言), baggage / luggage(手荷物), furniture(家具), fun (楽しみ), information(情報), news(知らせ), progress(進歩) 「人間」の意味の man, 「自然」の意味の nature なども無冠詞。
Man is part of nature. (人間は自然の一部である)

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク