室町幕府(高校日本史)

シェアする

スポンサーリンク

室町幕府

14世紀末、足利尊氏の孫義満の代になって、60年ほどつづい た南北朝の動乱はおわった。足利義満は、1392(明徳3)年に南北両朝の合体を実現させ、守護大名をおさえて幕府の全国支配を完成させた。幕府は京都の室町におかれたので、室町幕府といいます。その邸宅には名花・名木が集められ、「花の御所」といわれた。

室町幕府は諸国における守護の領国支配のうえにきずかれていたので、幕府の機構でもっとも重視されたのは、将軍をたすけ将軍と守護大名とのあいだを調整する管領である。管領は足利氏一門の細川・斯波・畠山氏の3家から選ばれ(三管領)、また侍所の長官(所司)には山名・赤松・一色・京極の諸家のな かから選ばれた(四職)

<ポイント>
3代将軍足利義満が、京都室町に「花の御所」を造営。管領を配置。足利氏一門の斯波・畠山・細川の3氏は有名。九州探題は、今川了俊(貞世)が、着任して九州の南朝勢力を平定しています。また、税金のシステムもおさえておきましょう。

<商工業者への課税>

  • 倉役(土倉役)…土倉
  • 酒屋役…酒屋

<通行税>

  • 関銭…関所
  • 津料…港の入津税

<その他>

  • 抽分銭…日明貿易における税金
  • 段銭…守護を通じて庶民にかけられた田畑の段数にかけられる税金
  • 棟別銭…家屋
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る