【高校倫理】ナーガールジュナとは?

シェアする

スポンサーリンク

ナーガールジュナ

ナーガールジュナ(龍樹・150年から250年頃)は、『中論(409・鳩摩羅什の訳)』を著わし、「縁起の法(仏陀の悟り」にもとらわれない心として「空=無自性」を説いた。これは、有と無の両端を排した「中観」ともいう。大乗仏教を理論的に確立。

【高校倫理】大乗仏教思想とは?
【高校倫理14】大乗仏教思想です。前1世紀頃までに約20の部派仏教(アビダルマ・阿毘達磨)が成立し、「経蔵(仏教の基本)」「律蔵(戒律の集成…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る